シラー種の原産地と言われるフランスのローヌ渓谷で毎年行われる世界最高レベルのシラーコンクール、「シラー・ドゥ・モンド」。カタルジーナのアンコールシラー2012が、4年連続のゴールドメダルを受賞し、昨年に引き続き世界のシラートップ10にも選出されました。
アンコール・シラー 

受賞ワインを見ると、シラーの多様性がよくわかる

今年は24ヵ国・347アイテムが参加し、そのうち30アイテムがゴールドメダルを受賞しました(因みに日本はシャトーメルシャン・マリコヴィンヤード・シラーが昨年、一昨年、参加しシルバーメダルを受賞しましたが、今回はエントリーしていません)。

今年で12年目を迎えたこのコンクールは、世界各国で活躍する15年以上ワイン業界で経験を積んだスペシャリストによって、2日間に渡り審査されます。世界に広がったシラーは、その土地土地で独自の特徴を有するようになりましたが、審査員は総意の基、国際基準に従って厳密にワインを評価します。シラー・ドゥ・モンドのモットーは世界中のシラーの多様性を尊重し、高品質で高水準のシラーを見出して行くと言うものです。

今回はトップレベルの質が甲乙付け難く、世界トップ10が最終的に13アイテムになりましたが、ブルガリア以外では、イタリア、スペイン、メキシコ、オーストラリア、南アフリカ、フランス、ギリシャ、スイス、トルコのワインが選出され、まさにシラーの多様性が表れた結果となりました。

シラートップ10

「シラー・ドゥ・モンド」世界シラートップ10

赤、ロゼ、スパークリング、ドライ、スイートなどあらゆるジャンルで使われているバラエティー豊かなシラーは、数ある葡萄の中でも、これからますます嗜好される品種になり、その品質向上を数多のワイナリーが目指していくことでしょう。


 
アンコール・シラー
 


アンコールシラー2015

750ml alc-14.5%、フレンチオーク10ヶ月熟成 赤・フルボディ 5,000円(税別)

シガー、チョコレート、完熟果実のアロマとビロードのような滑らかな味わい。重厚なボトルもさらに余韻を深め、シラー好きならずとも思わずアンコールの声が出てしまいます。力強くしかも繊細で優雅なカタルジーナ・シラー。
ラムの香草焼き、サーロインステーキ、ゴーダチーズ等とのペアリングがお薦め。

この記事を書いた人

トラキアトレーディング
トラキアトレーディング
ドバルデン!(こんにちは)、ブルガリアワインインポーター・トラキアトレーディング代表の岡崎です。まだまだ知られていないブルガリアのワインや商材を通じて、ブルガリアがより身近に感じられるよう、両国の懸け橋になることを目指しています。
https://trakiyatrading.net/