3989-1

『GRAND XIV浜名湖』ラウンジにて
※花の名は…ガーベラ:南アフリカ原産

水の向こうにはなにがあるの?

はかなさ やさしさ かなしみ それとも希望?

水の向こうにあるものは
もう見ることはできないの?
手にとることはできないの?

いいえ…
透明な水はあなたの心…
水をすいあげるお花のように…
いつだって感じることができるでしょう…
触れることだってできるでしょう…

この記事を書いた人

ゴローザ通信
ゴローザ通信
浜名湖畔の風光明媚な集落に生まれる。主婦、ときどきイタリア語通訳・翻訳・コーディネーター、アートユニット活動もしています。
※「ゴローザ Golosa」とは、イタリア語で「食いしん坊」のこと。「食に対して貪欲である」ということから「好奇心や探究心が旺盛な」という含みも。

落ち着くところ:水のある風景
リピートしたいところ:イタリア、南アフリカ

ゴローザが、日々の暮らしの中で見つけたこと、感じたこと、好きなことなどなど…心のおもむくままにお届けします。
この作者の最近の投稿