甲斐駒、大中屋、絹の味

続く日本酒3種はすべて純米大吟醸。

「七賢」が掲げる「地元白州の水を体現できる酒」のひとつ、「甲斐駒」は、日本アルプス屈指の名峰、標高2967mの甲斐駒ヶ岳の名前を冠しています。仕込み水として甲斐駒ヶ岳の伏流水、酒米には地元北杜市を中心として栽培される酒造好適米「夢山水」を使用、洋梨やメロンなどを思わせる華やかでフルーティな香りと味わいが特徴です。

「大中屋」は、「七賢」の屋号を冠したもので、酒造好適米の「山田錦」を37%まで削り、手間暇を惜しまないつくりを貫きました。ふくよかな米の甘みは余韻も長く、エレガントなあと味まで楽しめます。

「絹の味」の酒米は、「甲斐駒」と同じ「夢山水」。大吟醸特有のフルーティさと華やかさは抑えめで、食中酒として選びやすい、すっきりとした味わいが馴染みやすいでしょう。


「純米大吟醸 大中屋」は、甲斐駒ケ岳の伏流水と山田錦を使用。優しい甘さと瑞々しいあと味が印象的。


「握り:煮蛤 蒸し車海老 天草海胆」。美しく贅沢な江戸前握りと、七賢の旨みが融合する。


「水菓子:山梨産シャインマスカット スパークリングジュレにて 七賢酒粕アイス 最中仕立て」。スパークリングジュレに「エクスプレッション 2018」を注ぎ入れたら、贅沢な、新生”七賢カクテル”が誕生!!

贅を尽した、一夜限りの「七賢」×「水暉」のコラボ・ディナーはこれでお開きとなりました。このディナーから感じたのは、「七賢」の創造力のすごさです。このひとたちは、古(いにしえ)の息遣い、伝統的な日本酒造りの手法から学びつつ、現代に合った新しい日本酒を生み出そうしている。そうやって日本酒の未来を切り開こうというのです。

今回は、驚きと発見の連続でした。これからはレストランや酒屋で、まだ味わっていない「七賢」アイテムを探してみたいと思います。まだ知らない、唯一無二のお酒に出会えるかもしれません。

滞在2日目のお愉しみはモーニング。限定のピエール・エルメのクロワッサンがいただけるのはザ・リッツ・カールトン京都だけ!

限定クロワッサンはホテル内のショップでも購入可能。ザ・リッツ・カールトン京都オリジナルのマカロンもあり、これもまた京都限定ボックスに入れてもらえば京都のお土産としても喜ばれます!