秋の気配が漂い始めた8月の終わりから、まずロゼ用葡萄の手摘みを始めたカタルジーナ・エステイトの収穫も、残りあとわずかで終了となります。

今年は良い天候が続き葡萄の熟成が進んだ

「今年は良い天候が続き葡萄の熟成が進んだので例年に比べて少し早く収穫を開始しました。葡萄畑も年数が経ち、さらなる高品質のワインを生み出すための新たなステージに踏み出しました」
醸造技術責任者のギネフ・ミロスラフはそのように述べ、カタルジーナの次の飛躍を明言しています。

9月5日以降はブランドの用途に合ったメルロー、マルベック、シラーなど赤ワイン用の葡萄の摘み取りも始まり、カベルネソヴィニヨン、カベルネフラン、マヴルッドなどが10月半ばまでに手摘みされ収穫は終わります。

来年以降、今回収穫した2018年の完熟葡萄がどんなワインになるのか期待が募ります。

ブドウの収穫
 
ブドウの収穫
 
ブドウの収穫

一房一房ていねいに収穫します

ブドウ畑
 
収穫したブドウ
 

芸術の秋にふさわしいワイン

ブルガリアの秋はアートやファッションのイベントが目白押しで、しっかりした赤ワインやスパークリングなどがそれに華を添えます。

首都ソフィアで行われている本と映画のインターナショナルイベントやソフィア・オータム&ウインター・ファッションウィークなどのオフィシャルワインとしてカタルジーナの新ブランド「カタルジーナ ブリュット」が使われています。

芸術の秋に相応しいそのシックな外見と引き締まった味わいが多くのゲストの注目を集めています。

カタルジーナ ブリュット発表会 
カタルジーナ ブリュット
 

【カタルジーナ ブリュット2016】
緑がかった黄金色、厚みのある熟したピーチ、ローストナッツ、バニラ、バターのアロマ。デリケートなボディに良質なトリュフを感じる長く印象的なフィニッシュを味わえます。白系の肉、魚などと好相性。かつてシナモンの森であった特異な土壌で栽培されたシャルドネでカタルジーナ初の辛口スパークリングワインを造りました。
シャルドネ100%、alc-12%、残糖5.6g/ℓ(辛口) 予定販売価格 3,000円
(11月中旬発売予定)

この記事を書いた人

トラキアトレーディング
トラキアトレーディング
ドバルデン!(こんにちは)、ブルガリアワインインポーター・トラキアトレーディング代表の岡崎です。まだまだ知られていないブルガリアのワインや商材を通じて、ブルガリアがより身近に感じられるよう、両国の懸け橋になることを目指しています。
https://trakiyatrading.net/