ゴローザのお昼ごはん。冷蔵庫にあるもので何ができるかな…?

4719-1

その日の気分で、カジュアルに、シックに、シンプルに。カラフルに、スタイリッシュに、ガーリーに…。ひとりで過ごすお昼時、衣服を選ぶように「食」もコーディネート。
支度し、整え、飾る 『食のよそおい』…。「料理+うつわ+クロス」を組み合わせてアレンジ。ひと工夫とひと手間で「おいしい」がひろがる。

❶ 豚肉と玉葱のポン酢炒め。サラダ、もろきゅう。定食メニューを女性作家さんのうつわに盛って、彩りの良いワンプレートディッシュに。皿の風合い、ざらっとした質感がいい。

❷ えのきと大根とネギの雑炊、味噌仕立て。珈琲やお茶にも使える重宝な作りの大きめカップはギャラリーのうつわ展で。黒リネンのプレイスマットで和モダンに。バイカラーの漆塗りスプーンがアクセント。

 

❸ カトラリーのステッチが楽しいランチョンマットには白い皿がベストマッチ。ビレロイ&ボッホのニューウェーブシリーズ。ハム野菜サンド、果物、ヨーグルトデザート。 

 

❹ 蕎麦サラダ。蕎麦、パプリカ、トマト、玉葱、かいわれ大根、レタスを胡麻ドレッシングと麺つゆで和える。うつわはお気に入りの窯元で購入。ペールグリーンのランチョンマットを合わせて。 

 

❺ ごぼうと人参の葉の混ぜご飯。無農薬人参の葉はざくっと切ってご飯に混ぜる。きんぴらごぼうはたれを絡めて大胆にトッピング。鉄色のうつわと市松模様のマットでクールに。 

 

❻ ラタトゥイユのワンプレートランチ。コールスロー、クリームチーズ+ルバーブジャム。ラタトゥイユは作り置きしてオムレツやチキンソテーに添えても。クロスでカラフルに。 

 

❼ ピッツァプレート。冷凍の生ハムピッツァにクリームチーズ、トマト、ドライハーブをトッピング+サラダで軽めのランチ。まな板には 「Regno d’Olivo オリーブの王国」の刻印。トスカーナ、サンマルティーノのオリーブの樹幹から切り出された逸品。 

 

❽ 炊きたて熱々ご飯+温泉卵。自家製だし醤油で決まり!赤絵の醤油差しは京都土産。老舗旅館「俵屋」で使われているオリジナル陶器。 

 

❾ Bills表参道のリコッタパンケーキをゴローザ流に再現。ハニーコームバターとメープルシロップで食べる。付け合わせはアボカド、グリルドトマト、リコッタチーズ。 

 

❿ ユニークなフォルムの織部の皿でワンプレートごはん。おにぎり、さんまの生姜煮、カブのサラダ、カブの葉のごま炒め、九条ネギ入り出し巻き卵、漬物、白菜と油揚げの味噌汁。 

 

この記事を書いた人

ゴローザ通信
ゴローザ通信
浜名湖畔の風光明媚な集落に生まれる。主婦、ときどきイタリア語通訳・翻訳・コーディネーター、アートユニット活動もしています。
※「ゴローザ Golosa」とは、イタリア語で「食いしん坊」のこと。「食に対して貪欲である」ということから「好奇心や探究心が旺盛な」という含みも。

落ち着くところ:水のある風景
リピートしたいところ:イタリア、南アフリカ

ゴローザが、日々の暮らしの中で見つけたこと、感じたこと、好きなことなどなど…心のおもむくままにお届けします。
この作者の最近の投稿