ボンジョルノ! 皆さま! VinoHayashiカワシマでございます。北から南までイタリアを旅して参りましたが、やはり気になるのはそれぞれの州の食事の違い。
と、思っていてはいたものの、わたくしすっかり食事の写真をアップするのを忘れており、社長のハヤシから「食の写真が一枚もないけど何食べてんの?」と指摘を受けてしまいました。。

というわけで、今回は北&南の食事写真をご覧に入れたいと思います。

アレッサンドロさん

Nicolucci(ニコルッチ)の現当主アレッサンドロさん。畑にいてもオステリアにいてもどこでも笑顔を絶やしません

まず、北は美食の州、エミリア=ロマーニャから。笑顔が印象的なニコルッチのアレッサンドロさんに連れていっていただいた、地元のオステリアで食べたランチはハム&チーズの盛り合わせ、そしてこの地の土着品種サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャの赤ワインを練りこんだパスタ(!)。なんと5種のチーズを使い仕上げてあります。このあたりは山間部なので、やはり保存食や乳製品の加工品のバリエーションが豊富なのです。

チーズとハムの盛り合わせ

イタリアでは食事の前に、だいたいこのようなチーズとハム盛り合わせが供されます

 
パスタ

サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャを練りこんだパスタ。チーズをたっぷり使ってどっしりとした味に

 
チーズ盛り合わせ

四角い形のチーズはほのかな塩味が食欲をそそるチーズ、プリモサーレ。丸い形はモッツァレラ

タヤリン

生産者ファミリーのおばあちゃん手作りのタヤリン。バルバレスコと一緒にいただきました!

 

さらに北のピエモンテ州。ピエモンテと言えば名物のタヤリンですね!

卵を練りこんだ細麺のパスタです。実はわたくし、このタヤリンの大ファンなのです!!

ひき肉がほろほろと麺に絡む具合が素朴で優しくて、なんとも言えず美味しいんですよね〜。

でもピエモンテに1週間の滞在中、毎日出てきてさすがに最後の方は辟易としましたが・・。

山&海コラボのカンパーニア、イカ、タコごろごろのシチリア

そして南はカンパーニア州。海にも面しているため、やはり魚介類が豊富です。かと言って、ワインの産地は山あいの標高の高い地域なので、例えばヤギのチーズなんかも美味しいんですよ。そしてなんとこの日はマグロの入ったカルボナーラを食べました! まさに山&海のコラボレーション。意外な組み合わせだけどなかなかいけます!!

マグロのカルボナーラ

海&山コラボのマグロのカルボナーラ

そしてシチリア州。島なのでもちろんこちらも魚介をよく食べます。西南部トラーパニで食べた、ムール貝、イカ、エビ、タコがゴロゴロと乗ったクスクスのサラダは仕上げに魚のブロード(スープ)を回しかけるのが現地流です。

魚介のクスクス

シチリア州トラーパニ名物・魚介のクスクス

『VinoHayashi定期購入コース』 ではイタリア現地の郷土料理レポートやレシピまでたっぷりとご紹介いたします!

この記事を書いた人

カワシマハヅキ
カワシマハヅキ
大手ワイン輸入商社にソムリエとして7年勤務後、イタリアワイン輸入会社ヴィーノハヤシに入社。社内ではライティング・編集担当。極度の方向音痴で会社の近くでも道に迷う。