早いもので2020年が始まってからすでに1ヶ月が経過し、暦の上の立春だけでなく暖冬の影響で微かに春の息吹も間近に感じられるこの頃です。

「ラヴ」という名のワイン

ラヴワイン 

ブルガリアも今年の冬は比較的暖かい日が多く、トルコとギリシャの国境に位置するカタルジーナ・エステイトでは秋に素晴らしい葡萄が収穫できるよう、1月から葡萄樹の剪定等のルーティーン作業を日々順調に行っています。

醸造家キショフ兄弟

葡萄樹の剪定をする醸造家キショフ兄弟

剪定と言えば紀元251年に殉教した聖トリフォンは元は葡萄職人で、ブルガリア正教のイコンには剪定用の鎌を持った聖トリフォンの姿が描かれ、葡萄の守護聖人及び豊穣のシンボルとして崇められています。

その聖トリフォンの日は聖バレンタインと同じく2月14日で、春の到来と豊作を祈願して、葡萄の枝を剪定する儀式を行う日となっています。

ブルガリアではこの日は男女問わず花束や好みのものを贈ったりワインを飲んだりして祝います。

聖トリフォン

鎌を持つ聖トリフォン

聖トリフォンの剪定の儀式

聖トリフォンの剪定の儀式

 

そんなワインの日に相応しいのが、ホメロスのイーリアス物語にも登場するブルガリア固有品種マヴルッドの日本限定ラヴ・リミテッドエディション。華やかなアロマとやわらかいタンニン、ペアリングしやすいバランスのとれた味わいです。

 
 
カタルジーナ ラヴ
 

【カタルジーナ ラヴ】

ルビーレッドの色合いにボリュームがありながら滑らかでソフトな口当たり。ローストビーフ、ケバブ、塩麹漬け肉、スパイシーな料理等とも好相性。

印象的なハートマークが際立ち、特別な日のための最適なボトルです。

Aol-14.5% マヴルッド100% 熟成オーク樽8ヶ月 赤フルボディ ¥3,500(税別)

 
 

☆カタルジーナ試飲販売会のお知らせ
場所:新宿伊勢丹6階催事場「世界のワイン展」内ブース
日時:2月19(水)~24(月・祝)10:00~20:00(最終日は18:00)

この記事を書いた人

トラキアトレーディング
トラキアトレーディング
ドバルデン!(こんにちは)、ブルガリアワインインポーター・トラキアトレーディング代表の岡崎です。まだまだ知られていないブルガリアのワインや商材を通じて、ブルガリアがより身近に感じられるよう、両国の懸け橋になることを目指しています。
https://trakiyatrading.net/