通訳というと、皆さんはどんなイメージを浮かべますか? よくTVなどで見かけるのは、海外からの来日アーティストや俳優の通訳、黒っぽいスーツを着て、まさに黒子のように、気配を消して耳打ちする人? もしくは政治家の間に腰掛け、メモ取りしながら両者に気を配りながら伝える人? わたしの場合は、ちょっとイメージと違うかもしれません。

6221-1

「通訳はその言語の文化に同化する」 これは、イタリア語通訳大先輩のお言葉です。もちろんイタリア語通訳がみんな当てはまるわけではありませんが、やはり相手は「イタリア」。人と同じであることを良しとしない「イタリア人」。イタリア語の通訳は、性格も明るく人好きで個性的、ちょっと目立ってしまうところもあるかもしれません。わたしが関わってきた主なお仕事が、好きなモーダ(ファッション)やジュエリーだということもあり、そのイベントに合った装いをするのも楽しみです。

こんなエピソードがあります。数年前、イタリア人の建築家でファッションデザイナーが来日したときのことです。雑誌のインタビュー通訳のお仕事でした。3日間、1日に3誌、計9誌(ファッション、カルチャー、ライフスタイルを扱う名立たる雑誌と繊研新聞)というスケジュール。都内のとあるショールームに、デザイナー自らが手掛けたインスタレーションまでも空輸してセッティング、新作コレクションをディスプレイするという拘りよう。展示空間全体が一体となって、それはそれは素敵。

彼のデザインする服は、一点モノで、まるでオートクチュールのよう。ヴィンテージ素材を使うのが特徴で、ハードなレザーにソフトなシルクシフォンを組み合わせたり、袖の部分にロング・レザー・グローブを裁断したものをあしらったり、そのインスピレーションには驚くばかり。構築的で男性的なのに、とてもフェミニンなのです。

インタビューの内容は、当然コレクションのコンセプトやアイテム、ディテールもあるのですが、彼が一番伝えたいことは、彼自身の人生、哲学、思想、世界観だったのです。

思慮深く、ダンディで落ち着いた物腰の聡明な方。一日目が終わる頃には、彼の表現や世界を十分に感じ取れてきていますので、二日目には、すでにその感覚を共有したものとして仕事に臨むことができました。わたしに信頼を寄せてくれていることがよくわかりました。この日は、コレクションからお借りしたレザーのギャザースカートを身に着けて。通訳が実際にブランドをまとうというのは、会話も広がりますし、効果もあるかな。普通に買えるお値段ではないですし、楽しめるし、とても光栄なことでもあります。もちろん、似合えばのはなしですよ。

イタリアンジュエリーの展示会のときなどは、ブースにいても目立つように、ネックレスやペンダント、ブローチをつけることが多いです。このときも自分のテイストに合ったもの、その日のファッションに似合うものを。展示者が「こっちをつけて」と言っても「わたしはこっちがいい」と主張します。わがままな通訳ですね。

三日目、やっと最後のインタビューが終わり、デザイナーと記念撮影。「あなたが通訳で本当によかった、どうもありがとう!」のねぎらいの言葉と共に。普段は孤独な通訳稼業、仕事の達成感、はたまたグチを聞いてくれる同僚もいないのですが、こう言ってくださるだけで通訳冥利に尽きるというものです。ミラノのとっておきレストラン情報も教えてもらったり。疲れも吹っ飛びます。

この記事を書いた人

ゴローザ通信
ゴローザ通信
浜名湖畔の風光明媚な集落に生まれる。主婦、ときどきイタリア語通訳・翻訳・コーディネーター、アートユニット活動もしています。
※「ゴローザ Golosa」とは、イタリア語で「食いしん坊」のこと。「食に対して貪欲である」ということから「好奇心や探究心が旺盛な」という含みも。

落ち着くところ:水のある風景
リピートしたいところ:イタリア、南アフリカ

ゴローザが、日々の暮らしの中で見つけたこと、感じたこと、好きなことなどなど…心のおもむくままにお届けします。
この作者の最近の投稿