2021年が始まりましたが、コロナは収まるどころかさらに勢いを増し、非常事態宣言が発令されました。さらなる時短営業で立ち行かなくなる飲食店も数多く出てくるかもしれません。
ニコロヴァCEO

カタルジーナエステイト ニコロヴァCEO

 
ブルガリアNo.1女性企業家に選出

ブルガリアNo.1女性企業家に選出

 
ビジネス雑誌のカバーにも

ビジネス雑誌のカバーにも

 

明けない夜は無い

丑年は、辛い農作業などの使役に耐える牛のように我慢して物事をおこなったり、芽吹きのようにこれから発展する前触れのような年になるという意味が含まれているそうですが、予測するのが難しい、それこそ我慢の年になりそうです。

ブルガリアも感染拡大が収束せず、2度目の厳しいロックダウンを1月末まで延長しています。レストラン、ショッピングモール、ほとんどすべての娯楽施設が閉鎖され経済的にも大きなダメージが広がっています。

昨年後半コロナ禍の中、ブルガリアトップワイナリー・カタルジーナは首都ソフィアの中心地にカタルジーナの旗艦店をオープンしました。当然コロナの影響を受けていますが、カタルジーナを統括しブルガリアNo.1女性企業家に選出され、今多くのメディアで取り上げられているツベテリーナ・ニコロヴァCEOは希望を込めて次のように語っています。

ニコロヴァCEO
 

「このパンデミックは大きな試練ですが、健康を第一に考え、絆を大切にし、日常の生活を大事にすること、心の中を美しい感情で満たし、祈ること。必ずパンデミックは収まり、すべての人にとって2021年は前向きな感情と数多の良き機会に恵まれる年になるでしょう!」

明けない夜は無い。ニコロヴァCEOは明るいメッセージを発し続けています。


【ブルガリアワイン・カタルジーナ催事情報】

★新宿伊勢丹B1グランドカーブ
2021年1月13日(水)〜17日(日)
10:00~19:00

※変更する場合があります。

この記事を書いた人

トラキアトレーディング
トラキアトレーディング
ドバルデン!(こんにちは)、ブルガリアワインインポーター・トラキアトレーディング代表の岡崎です。まだまだ知られていないブルガリアのワインや商材を通じて、ブルガリアがより身近に感じられるよう、両国の懸け橋になることを目指しています。
https://trakiyatrading.net/