ゴローザがサファリ体験をした、レディ・スミスの「プライベート・ゲーム・リザーブ」内には、5つの宿泊施設があります。その中のひとつ、「Nambiti Hills Private Game Experience」に滞在。本館には、レセプション、レストラン、バー、ラウンジ、テラス、プール、スパ、スーヴェニール・ショップなどがあります。客室はヴィッラ形式で、テラス付きの一軒家という趣き。ロッジは、丘の上にあるものの、柵で囲まれていないため、敷地内で野生動物の姿をみかけることも…すぐ近くにキリンの群れがいました。究極の非日常空間です。

一泊二日のスケジュールはこんな感じ… タイトでした。
【昼頃に到着 → 13:00 テラスでランチ → 休憩 → 15:00 アフタヌーンティー → 16:00-19:30 サンセット・サファリ → 20:00 ディナー → 部屋へ(入浴、就寝)→ 3:30 起床 → 4:00 バールでエスプレッソタイム → 4:30-8:00 サンライズ・サファリ → 8:30 ブレックファスト → 11:00チェックアウト】

6835-1

ロッジのテラス。果てしなく大自然が広がります。

6835-2

リラックスできそうね。

6835-3

ラウンジの一角。アフリカっぽいインテリアです。ソファーがいたるところに。

6835-4

お部屋です。一見、日本の民家っぽいですね。

6835-5

解放感たっぷり。ライオンやヒョウがきちゃったらどうするの?!

6835-6

天蓋付きのダブルベッド、ロマンティックなインテリアだわ…と思いきや、虫が多い。実質、蚊帳ですね。

6835-7

ビッグサイズのバスタブ。底はカーブしていて、つかまる取っ手もない!滑ります。しかも仕切りなし、カーテンもなし (;´Д`)

6835-8

テラスレストラン。朝、昼、晩ともここで。夏といえども夜は冷え込みます。ディナーはフレンチでした。

6835-9

ブレックファストを食べたら、荷造りしてチェックアウト。

6835-10

スーヴェニール・ショップで動物絵柄の可愛いポストカードを買いました。

6835-11

レソト王国に近いドラケンスバーグ(ドラゴンの山々)方面に向かいます!

この記事を書いた人

ゴローザ通信
ゴローザ通信
浜名湖畔の風光明媚な集落に生まれる。主婦、ときどきイタリア語通訳・翻訳・コーディネーター、アートユニット活動もしています。
※「ゴローザ Golosa」とは、イタリア語で「食いしん坊」のこと。「食に対して貪欲である」ということから「好奇心や探究心が旺盛な」という含みも。

落ち着くところ:水のある風景
リピートしたいところ:イタリア、南アフリカ

ゴローザが、日々の暮らしの中で見つけたこと、感じたこと、好きなことなどなど…心のおもむくままにお届けします。
この作者の最近の投稿