日本を代表するソムリエと日本を代表するワインジャーナリストによる厳正中立ワイン格付け。
今回は2017年春までに発売される新商品をブラインド・テイスティング!

 

テイスティング評価方法

  • 試飲は、品種・ヴィンティージ・希望小売価格のみ開示して実施。
  • 評点は絶対評価とした。
  • 評価は、上からS、AAA、AA、A、B、C、D、E、F。特にバリュー感があるものに。魅力的な個性のあるものに。フードフレンドリーなものに【料友】マーク!

今回のテイスター

  • 石田 博さん

    1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。

  • 柳 忠之さん

    1965年生まれ。ワイン専門誌「ヴィノテーク」記者を経て、97年に独立。フリーのワインジャーナリストに。伝説の「BRUTUS」3号連続ワイン特集をはじめ、「AERA」「GQ」「ゲーテ」「Figaro Japon」「東京カレンダー」など、さまざまな情報誌、ライフスタイル誌に寄稿。



今回の最高評価の部



  • 01 セールス・レップ・インターナショナル
  • デマリエ
  • AA
  • バルバレスコ DOCG  リゼルヴァ 2009 [赤]
  • 生産国/地域:イタリア/ピエモンテ・ネイーヴェ
    品種:ネッビオーロ
    希望小売価格:7,000円
デマリエはロエロの中心地、ヴェッツァ・ダルバに本拠を置く造り手。このバルバレスコはネイヴェで収穫されたネッビオーロからなり、50hlのスラヴォニアンオーク、またはフレンチオーク樽で2年間熟成のあと、さらにステンレスタンクで熟成。
【石田】

プラム、なめし皮、ヨード、アルマニャックのような熟成香。ヴォリューム感が大きく、深みがある。肉厚なボディにがっしりとしたタンニンが感じられるが、意外にもテクスチャーは滑らか。

【柳】

熟成感を帯びた栗毛色。ともかく香りの複雑さに驚く。森の下草や黒トリュフなど、妖艶にして土っぽい香りが浮き上がる。ぎゅっと口蓋を引き締める目の詰まったタンニン。パワフルな熟女。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。