アサヒビールは、さらに注目が高まる日本ワイン、国産ワイン市場に向けて、ワイナリーの名を冠したフラッグシップブランド「サントネージュ」と、摘みたてブドウを原料にした果実感たっぷりのデイリーワイン「サントネージュ 摘みたての贅沢」を、2017年4月11日より新発売する。

日本ワインの新ブランド「サントネージュ」

「サントネージュ」は、山梨県にあるワイナリー、サントネージュワイン(株)で製造した日本ワイン。創業から70年以上の歴史を持ち、高品質なワイン造りに取組んでいるワイナリーだ。
新ブランドは、山形県かみのやま産、山梨県産など厳選された国産ブドウを100%使用。「聖なる雪」を意味する「サントネージュ」の名にふさわしい「日本の清らかさ、美しさ」を表現したワインブランドだと言う。
今回、発売されるのは<産地シリーズ><アッサンブラージュシリーズ><スパークリングシリーズ>の3シリーズ。


 
サントネージュ<産地シリーズ>
 


<産地シリーズ>は、ブドウの産地、品種を限定したシリーズで、山形県かみのやま産のシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローと、山梨県産の甲州、マスカット・ベーリーAを発売する。

 
 
 



<アッサンブラージュシリーズ>は、日本のブドウ名産地のさまざまな品種をアッサンブラージュ(ブレンド)した調和のとれた味わいのワイン。赤、白の2アイテムを業務用専用商品として発売する。

 
サントネージュ<アッサンブラージュシリーズ>
 
 
サントネージュ<スパークリングシリーズ>
 



<スパークリングスリーズ>は、山形県かみのやま産のブドウを使用した、きめ細やかな泡が特長のスパークリングワイン。白、ロゼ2アイテムを発売。

 
 

「サントネージュ」ブランドサイトへ

豊かな果実感「サントネージュ 摘みたての贅沢」

「サントネージュ 摘みたての贅沢」は、「いつものワインより、ちょっとした贅沢感が味わえるワイン」をコンセプトに、豊かな果実感とブドウの香りにこだわった本格的な味わいのワイン。

 
 
サントネージュ摘みたての贅沢
 



収穫後24時間以内に粉砕・搾汁したブドウを使用し、醸造過程においても酸素との接触を最小限にした。赤は、完熟したブドウの香りと豊かな果実味、深みのあるコクが楽しめ、まろやかな飲み飽きない味わい。白は、フレッシュな柑橘やマスカットのような華やかな香りがあり、ほのかな甘さと心地よい酸味のバランスがいいワイン。


この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。