毎年恒例、オーストラリアのプレミアム スパークリングワイン 『CHANDON』 による、「お花見CHANDON」プロモーションが、2017年3〜4月に賑やかに実施される。目黒川で特別出店するポップアップバーや、桜の名所でシャンドンのグラス販売などが行われる。
お花見CHANDON

今年の春も「お花見CHANDON」

今年で11年目を迎える、「お花見 CHANDON」キャンペーン。今年のボトルは、数々のハイブランドとのコラボでも知られる世界的に活躍するクリエイティブ・アートディレクター米津智之氏がデザイン。「花鳥風月」をテーマに、春の生命の高鳴りを表現したというデザインがこの春のお花見をスタイリッシュに彩る。

イベントも盛りだくさん。目黒川沿いのお花見スポットとして大人気のワインバー 「MARZAC 7 (マルザック セブン)」に、米津智之氏デザイン限定パッケージの世界観を表現したポップアップバーを展開。また、上野公園「うえの桜フェスタ 2017」、靖国神社「千代田のさくらフェスティバル」、舞鶴公園(福岡)「福岡城さくらまつり」でも、シャンドン ロゼの特別販売を行う。

そして、今年もクルーザーで風を感じながらシャンドンを楽しめる、大人気の定番企画も実施。さらに3月下旬には、これまでにない革新的なアイデアでこの桜の時期を楽しめるイベントを、表参道のスパイラルで行なうとのこと。今年も楽しみなプロモーションになりそうだ。

行きたいイベント盛りだくさん

1.「MARZAC7」(中目黒)ポップアップバー
今年もポップアップバーが目黒川のほとり「MARZAC7」に登場。3月下旬より同店バルコニーにて、シャンドンロゼのグラス販売を開始する。
※限定ボトルは在庫がなくなり次第、通常のシャンドン ロゼボトルでの提供
販売開始:2017年3月下旬〜
場所:MARZAC7(東京都目黒区上目黒1-14-5)
URL:http://rashiku.biz/marzac7/
提供価格:グラス1杯600円(税込)

2.「お花見シャンドンクルーザー」(目黒川/隅田川)
今年の「お花見CHANDONクルーズ」は、目黒川と隅田川をゆったりとクルーズ。桜色のシャンドンロゼを片手に、優雅なクルーズでお花見を楽しむスタイルは、この季節の新定番だ。
期間:2017年3月24日(金)〜4月9日(日) 2時間クルージング、1日最大4便運航
※要予約。 ※お問い合わせは、下記URLへ。
<お問い合わせURL>
目黒川:https://www.anniversary-cruise.com/news/cherryblossomparty/13659/
隅田川:https://www.anniversary-cruise.com/news/cherryblossomparty/14394/

3.桜名所でシャンドン ロゼ 特別販売
シャンドンロゼを桜の名所でグラス販売。
※限定ボトルは在庫がなくなり次第、通常のシャンドンロゼボトルでの販売
・福岡城さくらまつり (舞鶴公園)
期間:2017年3月25日(土)〜4月3日(月)
・平成29年 「千代田のさくらフェスティバル」(靖国神社)
期間:2017年3月31日(金)〜4月2日(日)
10:00-18:00 ※31日のみ11:00~
・うえの桜フェスタ 2017(上野公園)
期間:2017年3月31日(金)〜4月2日(日)
10:00-19:00

4.「お花見CHANDON 2017」開催(スパイラルガーデン・表参道)
3月31日(金)と4月1日(土)は、表参道のスパイラルで、「お花見CHANDON 2017」が開催される。「花鳥風月」を現代的に解釈したシャンドンの世界観を、プロジェクションマッピングなどの最新デジタル技術を駆使して表現。都会の真ん中に芽吹くイノベーティブなお花見を、シャンドンロゼ片手に楽しんではいかがだろう。
期間中は、館内のアトリウムでシャンドンロゼを特別販売。購入すると、スペシャルグッズが10名に1名当たるそう。ちなみに、白い服を着て来場すると、プロジェクションマッピングがさらに楽しめるとか。
期間:2017年3月31日(金)〜4月1日(土) 11:00-20:00
場所:スパイラルガーデン(東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F)
入場料:無料


シャンドン ロゼ CHANDON ROSÉ BY TOMOYUKI YONEZU

シャンドン ロゼ
 

■アルコール度:12.5% ■容量:750ml ■価格:3,200円(税抜) ■お取扱い:業務店、酒類販売店、百貨店など ■発売:2017年2月21日(火)
※価格及びボトル内のスパークリングワインは、通常商品の「シャンドン ロゼ」と同じ内容。

シャンドン ロゼは、シャンパンの伝統品種であるシャルドネ(55%)、ピノノワール(45%)を用い、 シャンパンと同じメトード トラディショネル製法で造られる。豊かな風味と爽快なフィニッシュを持つフレッシュでエレガントなアペリティフスタイルの魅惑的なロゼ。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。
ただいま7月号(通巻17号)、絶賛発売中です!
カリフォルニアに行って、サステナビリティとはなにか? を勉強してきましたので、最新情報をお届けします。
ギョウザ・カラアゲ・タコヤキとシャンパーニュのペアリングも!
WINE-WHAT!? はワインと食を探求し続けます。