サントリーワインインターナショナルは、チリのサンタカロリーナ社のフラッグシップワイン「エレンシア」と、同社がプレミアムワインと定義する、中高価格帯(店頭価格1,200円程度以上)のワイン「サンタ カロリーナ レセルヴァ デ ファミリア カルメネール」を4月18日(火)から発売すると発表した。

エレンシア

サンタ カロリーナ レセルヴァ デ ファミリア カルメネール

カルメネール使用のワイン

チリのサンティアゴ市に本社を置く、サンタカロリーナ社は、1875年創業の歴史あるワインメーカー。アメリカのワイン誌「ワインエンスージアスト」の「ワインスターアワード2015」ではワイナリー・オブ・ザ・イヤー(ニューワールド部門)を受賞し、世界的にも高い評価を得ているという。

サントリーワインが4月18日(火)から新発売する「エレンシア 2010」は、そのサンタカロリーナ社のフラッグシップワインで、世界約7,000本のみ製造される。サンタカロリーナ社の長きにわたるワインづくりの経験が結実した逸品とされ、現在はチリが主要産地、原産はボルドーというブドウ品種「カルメネール」の特性を最大限活かした、凝縮した果実味と豊かなアロマを感じられる深いガーネット色の赤ワインだという。

この「エレンシア 2010」と同時発売となる、「サンタ カロリーナ レセルヴァ デ ファミリア カルメネール 2013」は、サンタカロリーナ社が厳選したテロワールで育てた「カルメネール」を使用。ベリー系果実を思わせる香りとほどよいタンニン、長い余韻を楽しめる赤ワインだという。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
メリー・クリスマス&ハッピー・ニュー・イヤーん!
2018年1月号(通巻20号)12月5日発売です!
特集は、石田博ソムリエと柳忠之さんによる「ヴィンテージ・シャンパーニュ27本テイスティング」と、柳忠之さんを座長とする「ワインと寿司のマリアージュ徹底検証」の2本立て!
岩瀬大二さんの「チリ紀行」にも注目。チリも積もればカベルネ・ソーヴィニヨンだけじゃない!
表紙はアニソンの女王・水樹奈々さんです。
ワインがスッキ、スッキ、スッキ、スッキ、ワインがスッキ、スッキ! 
へ、編集長、なんの替え歌だか若い人にはわからないです〜。