フランス・ボルドーの名門ドゥルト社の伝統的なフランスワインを気軽に楽しめる「ドゥルト b ボルドー」がパッケージを刷新、新たにハーフボトル(375ml)の発売も開始する。

ドゥルト社は、ボルドーの70以上ものシャトーと独占契約をし、技術支援を行うフランスのトップネゴシアン。自らも9つのシャトーを持ち、「ヌメロ・アン」を始めとするブランドワインの生産者としても知られる、1840年創業の名門だ。

そのドゥルト社が、ボルドーの代表品種を使用し、ベストバランスをを追求し 続けて生まれたワインが「b ボルドー」。果実味を重視して、ステンレスタンクで醸造・熟成を行ったフレッシュな洗練された味わいが特徴。ボルドーを気軽に楽しめるコストパフォーマンスの良さから人気のワインだ。

そして今回、パッケージデザインのリニューアルに合わせて、さらに気軽に楽しめるハーフボトルが発売される。発売日は4月4日。「ドゥルト b ボルドー ルージュ」(赤・アルコール度数13%・オープン価格)「ドゥルト b ボルドー ブラン」(白・アルコール度数12%・オープン価格)の2種が、それぞれフルボトル(750ml)とハーフボトル(375ml)で販売される。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。