アサヒビールは、ニュージーランド クラギー・レンジ社の『ワイルド・ロック・ソーヴィニヨン・ブラン』および『ワイルド・ロック・ピノ・ノワール』を2017年4月25日(火)から発売する。


ソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワール!

 

ニュージーランドのワインは高品質かつ高価格だ。アサヒビールが2013年から6アイテムで展開しているクラギー・レンジ社のワインも、アサヒビールは「プレミアム」と位置づけている。

2017年4月25日(火)からの発売となる、『ワイルド・ロック』は、このクラギー・レンジ社のセカンドブランドでカジュアルタイプの商品。

とはいえ、ソーヴィニヨン・ブランは、代表的産地であるマールボロー地区産、ピノ・ノワールもその品質が高く評価されているマーティンボロー地区産で、それぞれのブドウ品種の良さを最大限に引き出した味わいに仕上げている、というから、期待が高まる。アサヒビールによれば、「冷涼な気候に由来するフレッシュな香りと爽やかな酸味を持つ軽快な味わい」とのこと。

『ワイルド・ロック』という名は、1769年にキャプテン・クック達が、彼らの最初の航海において、海から見ると平らな岩のように見えるニュージーランドの沿岸に到達したとき、そこを野生の岩(ワイルド・ロック)と名付けたことに由来しているそう。

 

ニュージーランドワインが手軽に楽しめるようになるなら、大歓迎。ニュージーランド固有の鳥と植物が描かれたラベルの話は以下に。

ワイルド・ロック・ソーヴィニヨン・ブラン
産地 マールボロー
味わいの特徴 ライムやグレープフルーツのような香りと、柑橘類やハーブのようなフレッシュな果実の風味が爽やかな味わい
ラベルに描かれているのは? ニュージーランド固有の鳥「ミツスイ」と、国花「コーファイ」

ワイルド・ロック・ピノ・ノワール
産地 マーティンボロー
味わいの特徴 レッド・チェリーのような華やかな香り、赤い果実の豊かな味わいとしなやかなタンニンのバランスがとれたワイン
ラベルに描かれているのは? ニュージーランド固有の鳥「サドルバック」と、固有の木「ラタ」

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。
ただいま7月号(通巻17号)、絶賛発売中です!
カリフォルニアに行って、サステナビリティとはなにか? を勉強してきましたので、最新情報をお届けします。
ギョウザ・カラアゲ・タコヤキとシャンパーニュのペアリングも!
WINE-WHAT!? はワインと食を探求し続けます。