メルシャンは、秋田県横手市大森町で栽培されたドイツ系ブドウ品種で造られた「大森ワイン」を「大森産ブドウのワイン」とリニューアルして、秋田県限定にて、5月23日(火)より、数量限定で販売すると発表した。

小見出し

日本産ブドウ100%で造る日本ワイン。メルシャンが5月23日(火)から、秋田県限定、甘口が8,400本、辛口が8,400本の数量限定で販売する「大森産ブドウのワイン」も日本ワインだ。これまで「大森ワイン」と呼ばれていたものの名称を変更した。

メルシャンは1982年から秋田県横手市大森町で契約栽培を開始したとのことで、1986年に秋田県限定で発売して以来、31年にわたって秋田県で愛されるこのワイン。ドイツ系ブドウ品種で造られている。


味わいについては、「青リンゴのようなフルーティーな風味と、キレの有るさわやかな酸味と、柔らかいおいしさのバランスが良いワイン」とのことだ。アルコールは10.5%。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。