メルシャンは、カバの本場、スペインのスペイン王室御用達ワイナリーである「コドーニュ」とともに共同開発したスパークリングワイン「BARCELONA(バルセロナ)1872」を、6月27日(火)から発売すると発表した。

スパークリングワインを飲みたい心理を調査した

メルシャンによると、日本のスパークリングワインの市場は堅調に推移しているのだけれど、この背景では幸せな時間を誰かと共に楽しみたい心理が後押ししていることが分かったという。そこで、メルシャンはスペインの老舗、コドーニュ社とともに、「スパークリングワインのある幸せな時間」を目的として、コンセプト立案からの共同商品開発をおこなった。

かくして誕生した「BARCELONA(バルセロナ)1872」は、スパークリングワインを飲むシーンや、その際に感じられている期待・価値などの心理を調査し、それに対応出来るスパークリングワインとして具現化したという、日本限定の新商品。

コドーニュ社が本拠を置くバルセロナの明るくオープンな雰囲気をイメージしたパッケージや、スペイン王室御用達ワイナリーによる果実味あふれる確かな味わいが、開発コンセプトである「親しい人たちと手の届く幸せな時間の扉を開けるスパークリングワイン」を表現している、とメルシャンはする。

コドーニュ社は、1551年創業、バルセロナ近郊、ペネデスのサン・サドゥルニ・デ・ノヤに本拠を構えるワイナリー。1872年にスペインで初めてシャンパーニュとおなじ瓶内二次発酵製法によるスパークリングワインを製造し、これが『カバ(CAVA)』の誕生となったという。1897年には、カバで初めてのスペイン王室御用達ワイナリーに指定され、今日に至るまで王室にカバを供給しつづけている。

メルシャンによれば、「BARCELONA(バルセロナ)1872」は、はつらつとした果実味とシャルドネ由来のシャープさのバランスに優れ、瓶内二次発酵による細やかな泡立ちが楽しめる辛口スパークリングワインだという。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼きに合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼きにタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!