「ドン ペリニヨン」と「ブルガリ 東京レストラン」とのコラボレーションが4月24日(月)より順次始まる。5年めとなる今年は、初夏発売の「ドン ペリニヨン ロゼの新ヴィンテージ2005」に合わせ、「ドン ペリニヨン ロゼ」のキャンペーンが加わり、「バラエティーに富んだ究極のエクスペリエンスを提案」する。

究極のピクニック エクスペリエンス

今年で5年目となる「ドン ペリニヨン」と「ブルガリ 東京レストラン」のコラボレーションとして、昨年も好評を博した「ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ」、または「Ultimate Luxury Picnic Experience with Dom Pérignon(究極のピクニック エクスペリエンスをドン ぺリニヨンとともに)」が、規模を拡大し、具体的には収容可能人数12名の広々としたスペースになって再登場!

これが銀座2丁目に存在するとは!

梅雨と真夏の時期の中断をはさみつつ、4月24日(月)から10月13日(金)まで、ブルガリ銀座タワーの屋上テラスで、季節ごとの空と空気の違いを感じながら「ドン ペリニヨン」をピクニック気分で満喫するという、まことに贅沢極まる、実にラグジュアリーなひとときを楽しむことができる。

天気のよい日に恵まれたら、サイコーにハッピーであるに違いない。

最大4名まで楽しめる「ピクニックバスケット」は、ドン ペリニヨンのボトル1本とフィンガーフードなどが入ったバスケットに加え、パスタ、チョコレート・ジェムズ(「宝石」と呼ぶにふさわしいブルガリの職人による手づくりチョコレート)、コーヒーなどが合わせて供される。

季節ごとにセットは異なり、7月からは「ドン ペリニヨン P2-1998」も登場する。

季節ごとに用意されるピクニックバスケットは次の通り。

スプリング ピクニック エクスペリエンス
期間:4/24(月)~5/31(水)

価格:ピクニックバスケット(ロゼ)¥67,000(税・サービス料別) ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ2004 1本
   ピクニックバスケット(ブラン)¥40,000(税・サービス料別) ドン ペリニヨン ヴィンテージ2006 1本

   

   

サマー ピクニック エクスペリエンス
期間:7/14(金)~8/4(金)

価格:ピクニックバスケット(P2-1998)¥70,000(税・サービス料別) ドン ペリニヨンP2-1998 1本
   ピクニックバスケット(ブラン) ¥40,000(税・サービス料別) ドン ペリニヨン ヴィンテージ2006 1本



オータム ピクニック エクスペリエンス
期間:9/22(金)~10/13(金)

価格:ピクニックバスケット(P2-1998)¥70,000(税・サービス料別) ドン ペリニヨンP2-1998 1本
   ピクニックバスケット(ロゼ)¥67,000(税・サービス料別) ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ2004 1本
   ピクニックバスケット(ブラン) ¥40,000(税・サービス料別) ドン ペリニヨン ヴィンテージ2006 1本




イル・リストランテ ルカ・ファンティン:グラスで楽しむドン ペリニヨン

ブルガリ銀座タワーの9階にある「イル・リストランテ ルカ・ファンティン」でも、ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ2004と、16年の熟成を経た「究極のドン ペリニヨン」ドン ペリニヨン P2-1998がグラスで楽しめる。シェフのルカ・ファンティンがつくり出す、イタリアの伝統料理を現代的に解釈したガストロノミーとドン ペリニヨンという、これまたまことに贅沢なひとときを過ごすことができる。ただし、ロゼとP2が出される時期が異なるので、ご注意を。

ドン ペリニヨン ロゼ バイ ザ グラス
期間:2017年4月~5月末日、11月~12月末日(クリスマス期間を除く)
価格:ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ2004
   グラス ¥10,000(税・サービス料別)、ボトル ¥60,000(税・サービス料別)

ドン ペリニヨン P2 バイ ザ グラス
期間:2017年6月~7月末日、9月~10月末日
価格:ドン ペリニヨン P2-1998 グラス ¥12,000(税・サービス料別)、ボトル ¥63,000(税・サービス料別)

ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン
東京都中央区銀座2-7-12 ブルガリ銀座タワー9F
ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジは天候等により営業時間が異なりますので営業日時等については下記までお問い合わせください。
【お問い合わせ先】ブルガリ 東京レストラン 03-6362-0555
http://www.bulgarihotels.com/ja-JP/

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。