ニッポン代表ソムリエと、ニッポンを代表するワインジャーナリストによる厳正中立ワイン格付け。
神の舌を持つ男たちが、2017年初夏までに発売される新商品41本をブラインド・テイスティング。
AAAが1本出ました!

 

テイスティング評価方法

  • 試飲は、品種・ヴィンティージ・希望小売価格のみ開示して実施。
  • 評点は絶対評価とした。
  • 評価は、上からS(完璧)、AAA(とんでもなく素晴らしい)、AA(かなり素晴らしい)、A(素晴らしい)、B、C、D、E、F。特にバリュー感があるものに。魅力的な個性のあるものに。フードフレンドリーなものに【料友】マーク!

今回のテイスター

  • 石田 博さん

    1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。

  • 柳 忠之さん

    1965年生まれ。ワイン専門誌「ヴィノテーク」記者を経て、97年に独立。フリーのワインジャーナリストに。伝説の「BRUTUS」3号連続ワイン特集をはじめ、「AERA」「GQ」「ゲーテ」「Figaro Japon」「東京カレンダー」など、さまざまな情報誌、ライフスタイル誌に寄稿。



今回の最高評価の部



  • 01 フィラデス
  • ジャン・ルイ・ヴェルニョン
  • AAA
  • コンベルサシオン ブリュット NV [泡・白]
  • 生産国/地域:フランス/シャンパーニュ
    品種:シャルドネ100%
    希望小売価格:6,300円
コート・デ・ブランのグラン・クリュのひとつ、ル・メニル・シュール・オジェ村のRM。創業は1950年だが、シャンパーニュの自家醸造を始めたのは85年。このキュヴェは36ヶ月の瓶内熟成。ブリュットとあるが、ドザージュはわずか5〜7g/l。
【石田】

ネクタリンのような果実香に加え、アーモンド、バター、ブリオッシュといった香ばしいフレーバー。浮揚感のあり、繊細なスタイルだが、洗練されており、深みも感じられる。上品な味わい。

【柳】

フレッシュでキレがあり、これぞブラン・ド・ブランの真骨頂。生き生きとした酸をもち、タイト感のあるスタイル。香ばしいイースト香やナッツのニュアンスも感じられる。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
メリー・クリスマス&ハッピー・ニュー・イヤーん!
2018年1月号(通巻20号)12月5日発売です!
特集は、石田博ソムリエと柳忠之さんによる「ヴィンテージ・シャンパーニュ27本テイスティング」と、柳忠之さんを座長とする「ワインと寿司のマリアージュ徹底検証」の2本立て!
岩瀬大二さんの「チリ紀行」にも注目。チリも積もればカベルネ・ソーヴィニヨンだけじゃない!
表紙はアニソンの女王・水樹奈々さんです。
ワインがスッキ、スッキ、スッキ、スッキ、ワインがスッキ、スッキ! 
へ、編集長、なんの替え歌だか若い人にはわからないです〜。