1991年の導入以来、故障知らず 

創業80年を超える老舗の酒店「秋庭商店」が、ワイン中心の品揃えに変わったのは現在の店主、小日向(おびなた)清彦さんが店を任されてから。「ワインそのものというより、ワインの世界」に学生の頃から憧れを抱き、お店を手伝ううちにワインの美味しさにも目覚め、いつの間にか今の姿になっていたという。

その秋庭商店の入口近くに、年代物のフォルスター「ロングフレッシュ」があった。

ロングフレッシュ初期モデルクラシカルな温度表示は「メーター」。とてもいい味をだしています。25年経っても故障知らずなのだからすごすぎる。

小日向さん自身が選んだもので、導入は1991年。ロングフレッシュの販売開始が1987年だからかなり初期のものだ。

「ちょうどワインの美味しさに気づき始めた頃で、特別なボルドーが来ればどう保管しようかと考える。それを自分用にして入れても良いし、店にセラーがあったら格好良いなと、その程度の気持ちで入れた覚えがあります」 

国内の大手家電メーカーからもワインセラーが登場し始めた時期だったが、なぜロングフレッシュを選んだのだろう。

「性能の違いなど僕にはわからないので詳しい方に色々と話を聞きましたが、結局はデザインが気に入ったんですよね。

普段の生活の中でワインを楽しみたいという自分の考えと、ロングフレッシュの洗練されたデザインが合ったというか。

あと、当時からチーズの仕入れでお世話になっていた『フェルミエ』さんが使っていたことにも影響を受けたかもしれません」

ロングフレッシュの一番の特長は最適な湿度管理ができることにあり、ワインに限らずチーズのような食品の保管にも適している。そこに注目して、ナチュラルチーズ専門店の先駆け「フェルミエ」も早くからロングフレッシュを導入していた。  

デザインが大きな決め手になったと小日向さんは話すが、導入以来25年にわたって一度の故障もなく、大切なワインの保管にまったく問題がないというから、機能・性能面においてもロングフレッシュを選んだことに間違いはなかったようだ。  

 「ワインの喜びは、人と共有してこそだと思うんです。1本のワインを介して生産者や輸入業者、お客さんと“これ美味しいね”と喜びを共有できる。 それを知ったのが、ワインにはまった理由だと思います」   

 秋庭商店には、小日向さん自身が美味しさを確かめたワインが次々に届き飲食店や個人客の元へ出て行く。  

 それとは少し異なる時間の流れで、ロングフレッシュの庫内には自分の出番を待つワインが心地良く眠っている。

 
 

ロングレッシュ30周年記念モデル
ST-RV273G(M)

この春、発売30年を迎えたロングフレッシュに記念モデルが登場した。誕生時から最大の特長となってきた、ワインの保管に必要な湿度を保つ「加湿循環方式」は、DCファンの採用でさらに進化。
モーターによる熱の影響を抑え、省エネ性も向上している。コントロールパネルを本体側に収め、上部ヒンジも機器内に収納して、全面ガラスのシンプルなフロントデザインを実現した。
また、庫内の背面両サイドに暖色LEDを配置して演出効果をアップ。ガラス扉にはヒーターを内蔵しており、夏場でも結露を防ぎワインたちを美しく「魅せ」てくれる。

■スペック
最大収納本数:77本
本体サイズ:W606×D589×H1,513mm
設定可能温度:6〜19℃
容量:273L
重量:73kg

問い合わせ先:フォルスタージャパン
tel. 03-6259-5880
https://www.forster.jp

   

秋庭商店
品揃えの基本は、小日向店主が美味しいと思ったものを置くこと。その結果、ナチュラル系のワインが多く集まるようになった。中でも特徴的なのがジョージアワインの豊富さだ。
「輸入業者さんに紹介されて初めて飲んだときは、正直言って美味しいとは思いませんでした。でも不思議と身体は嫌だと言わなくて、少し経つとまたあれが飲みたいと思っていたんですよね。それから入れ始め、今はほぼ全アイテムを扱っています」
現在は販売量の5割以上を飲食店への卸が占めるが、お店ごとにお勧めリストをつくっているところにも、小日向さんのワインへの想いの深さとこだわりを感じる。

東京都大田区南久が原2-8-4 
tel.03-3750-3177
営業時間:11:00〜22:00  木曜定休
※イベントなどの情報はFacebookおよびTwitterで発信している。

店主の小日向清彦さん

 

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼きに合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼きにタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!