イギリスで開催される世界の優れたワイン、スピリッツ、リカーを認定・紹介し、品質向上と市場拡大に寄与することを目的とする競技会、インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション。「グランポレール北海道バッカス辛口2016」が日本ワイン唯一の金賞を受賞した。

合計13のグランポレールが受賞

4月にロンドンで開催された「インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2017」(IWSC)において、「グランポレール北海道バッカス辛口2016」が国産ぶどうを100%使用した日本ワインで唯一の金賞を受賞した。

グランポレールはこのほかにも、優秀銀賞に輝いた「グランポレール甲州フリーラン2016」をはじめ、銀賞5アイテム、銅賞6アイテムで賞を獲得。サッポロビールがこのコンクールに応募して以来最多の13アイテムでの受賞となった。

サッポロビールでは、グランポレールの高い品質が評価された、として「当社は、土地に適したぶどうを丁寧に育てる栽培家と、ぶどうの個性を知り尽くし風土に根付いたワインづくりをする醸造家の手によって、これからも世界に通じる高品質な日本ワインを造り続けていきます」と発表している。

金賞を受賞した「グランポレール北海道バッカス辛口2016」は、 北海道地区限定販売。北海道余市の協働契約栽培農家、弘津敏氏が丹精込めて育てたバッカス種ぶどうを使用し、北海道の涼しさを想わせる爽やかな酸味と、豊かな香りが楽しめる白ワインだという。

その弘津敏氏は今回の受賞にたいして

「2016年は8月末に北海道を襲った台風の影響が心配されましたが、余市町では大きな被害には至りませんでした。9月からの好天により、順調に生育は進み、よく熟したぶどうが収穫されました。北海道・余市産のぶどうを使ったワインは近年非常に人気が高まっていますが、国際的なコンクールで評価をいただいて、ますます注目が集まれば嬉しいです」

とコメントを発表している。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。