1951年の創業以来、半世紀にわたって自動車部品をつくり続けている、愛知県豊田市の横山興業株式会社(代表取締役 横山眞久)が、熟練職人による研磨技術を用いたステンレス製のデキャンタを製造・販売している。

「ワイン道」の新しい流派誕生

ステンレス製のデキャンタ! 

ワインが見えないじゃん。と思っちゃいますけれど、プレスリリースによれば、なかなかスグレモノらしいのです、これが。

自動車産業で盛んな愛知県豊田市に工場を構える横山興業が、熟練の職人による独自の研磨技術を背景に、2013年にバーテンダー向けのカクテルツールをつくり始め、これに「BIRDY.」というブランドを与えた。

ゴルフの「バーディ」に由来するというこの名称は、「パー」よりもひと段階よいものをつくるというブランドの哲学を表しているそうです。

また、ブランドを特徴づける研磨技術やシンプルにそぎ落とされた引き算のデザインは、打数がマイナスになるほど価値が高まるゴルフの考え方とマッチしている、というふたつの理由からの命名なのだそう。

テーブルウェアのライン「BIRDY. TABLE(バーディ テーブル)」を設けたのが2016年。カクテル・バー業界で培ったノウハウと職人の技を融合させたアイテムを、家庭でも気軽に使える商品として展開をはじめた。

「BIRDY. TABLE」ラインに新しく登場したのが、その名も「Birdyデキャンタ」なのです。

このデキャンタ、横山興業が得意とするステンレス素材を使用し、ひとつひとつ職人が手作業でミクロレベルの精密研磨技術を内側に施している。それにより、短時間でワインのデキャンタージュが可能になったのだという。

ホンマでっか?

デキャンタージュといえば、ガラス製と相場が決まっている。ワイン愛好家はボトルからガラスの器に注ぎ込まれるワインを注視しながら、やがてそれが馥郁たる香りを放ち、ボディが花開くのを待つ。

「Birdyデキャンタ」の場合は違う。もしも茶道のようなワイン道というものがあるとすれば、これは新しい流派である。

ワインを飲む直前にグラス1~2杯分を注ぎ、数回スワリング(ワインに空気をなじませる)するだけで味わいが変化するというのだ。その効果はデータでも実証されつつあるというからお立ち会い。

以下はプレスリリースほぼ丸写しである。

■「Birdyデキャンタ」とガラス製デキャンタの比較 

1. 酸素(空気)の溶け込み量の比較
「Birdyデキャンタ」とガラス製のデキャンタに溶存酸素を限りなくゼロに近づけたイオン交換水(0.1mg/L)を入れて、スタート時と3分後に10回ずつスワリングをして計測。Birdyデキャンタの方が酸素(空気)の溶存量が45%も多くなることがわかった。
*公的教育機関の指導と立ち合いのもと実験

2. 断面形状の比較
「Birdyデキャンタ」とガラス製のデキャンタ、それぞれの内部表面を比較した。
「Birdyデキャンタ」に施されたミクロレベルの微細な凹凸がワインと絡み合うことで副流が生まれ、空気をより多く取り込み、ワインに素早く変化を与えると考えられる。

■Birdyデキャンタにオススメのドリンク

○ワイン
赤、白ともにデイリーワインは「Birdyデキャンタ」の使用により変化の度合いが大きく現れる。
よく冷やした白ワインは、温度の上昇とともに香りが開き酸味が和らぎ、赤ワインは、酸味や果実味、タンニン(渋み)といった個性がまとまり、深みが増す。
また、完成度の高いプレミアムワインは、劇的な変化はしないが、複雑な成分をより感じやすくさせる。

〇シェリー
ワインよりアルコール度数が高めのシェリーは、ファーストタッチのアルコール感が和らぐことで、果実のふくよかな芳醇さが広がる。

〇紹興酒
特に長期熟成した年代物の紹興酒が最適。香りが立ち、口当たりはまろやかになる。

〇日本酒
山廃仕込み、生酛造り、熟成古酒といった香りも味わいも強いタイプが合う。香りは丸くなり、口当たりもまろやかに。

味わいの感じ方は千差万別。特にワインは産地、品種、ヴィンテージなどによって異なり、その好みもデキャンタージュによる変化の感じ方も人それぞれ。片手で持てる手頃なサイズの「Birdyデキャンタ」で気軽にデキャンタージュを試して、自分好みのMy decantageを見つける楽しみ方もできます。

今までにない斬新な時短デキャンタージュを可能にする「Birdyデキャンタ」は、テーブルに置いてもワイングラスと調和をする理想的なフォルムで、ワインのある暮らしをより楽しく、より身近なものへともたらせてくれるでしょう。

以上、プレスリリースより。

今までの常識を覆す「Birdyデキャンタ」。日本酒をデキャンタする、という発想もビックリですけれど、デイリーワインが美味しくなる、となれば、俄然試してみたくなります。

【商品概要】
Birdyデキャンタ DC700
ブランド名 :BIRDY. TABLE/バーディ テーブル
商品名 :Birdyデキャンタ/バーディ デキャンタ
サイズ :直径約93×148mm
重さ :約260g
容量 :約700ml
材質 :18-8 ステンレス
メーカー希望小売価格 16,800円(税抜価格)

BIRDY.公式サイト: http://birdy-j.com
公式オンラインショップ:http://birdy.shop

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼きに合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼きにタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!