6月10日(土)から12日(月)の3日間にわたり、フランスのボルドーで開催された国際ワインコンクール「レ・シタデル・デュ・ヴァン 2017」で、「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RDC 千曲川右岸収穫 2015」「同 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015」「同 北信シャルドネ ミッドナイトハーベスト 2015」の3品が、金賞を受賞した。

日本ワイン特別賞&金賞のダブル受賞も

3種類のワインが一度に金賞を受賞したのは、シャトー・メルシャンとしては過去最多。日本のワイナリーとしても最多となる。

このうち、「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RDC 千曲川右岸収穫 2015」は、日本ワイン特別賞とのダブル受賞。
日本ワイン特別賞は、日本の受賞ワインの中で最高得点を獲得したワインに贈られる。シャトーメルシャンの日本ワイン特別賞受賞は2年連続。

 
トロフィー・表彰状を受け取った 社長・代野 照幸

トロフィー・表彰状を受け取ったメルシャン社長の代野照幸氏

 

国際ワインコンクール「レ・シタデル・デュ・ヴァン」とは

O.I.V.(国際ブドウ・ワイン機構)の後援のもと、1992年にフランス・ボルドーで創設された権威あるコンクール。毎年、開催される。O.I.V.推薦の最高水準のエノログ(ワイン醸造技術管理士)をはじめとする専門家が50人以上で審査を行い、およそ30カ国1200以上のサンプルから、最高のワインを選ぶ。金賞や銀賞の他、国別の特別賞などが決まる。

 

受賞ワインについて

「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RDC 千曲川右岸収穫 2015」
金賞および日本ワイン特別賞を受賞

シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RDC 千曲川右岸収穫 2015
 

長野県北部、千曲川の右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが造られる。このワインは千曲川の右岸に位置する契約栽培畑で収穫されたシャルドネをオーク樽にて発酵・育成。砂礫質の右岸から生み出された芳醇で複雑なアロマや豊富なミネラル感、しっかりとした骨格を感じられるワイン。

 
 

「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015」
金賞受賞

このワインも千曲川の左岸にある契約栽培畑で収穫されたシャルドネを使っている。オーク樽で発酵・育成。粘土質の左岸から生み出される豊かなアロマと、穏やかな酸味の調和がとれたワイン。

 
シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015
 
 

「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ ミッドナイトハーベスト 2015」
(シャトー・メルシャンワイナリー限定販売品)
金賞受賞

シャトー・メルシャン 北信シャルドネ ミッドナイトハーベスト 2015
 

このワインは夜間に収穫した北信地区右岸のシャルドネを使用している。ミネラル感を感じる力強く深みのある味わいだけではなく、フレッシュで華やかさのある複雑な味わいが特徴。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ワインと食のライフスタイルマガジン「WINE-WHAT!?」編集部です。
ただいま7月号(通巻17号)、絶賛発売中です!
カリフォルニアに行って、サステナビリティとはなにか? を勉強してきましたので、最新情報をお届けします。
ギョウザ・カラアゲ・タコヤキとシャンパーニュのペアリングも!
WINE-WHAT!? はワインと食を探求し続けます。