ボトル1本飲みきれない、というお嘆きのワイン・ラヴァーに朗報!
サントリーから、気軽に楽しめるチリワインのハーフボトルがこの秋発売になります。

気軽に楽しめる375ml瓶

ご存知の方はご存知のように、サントリーが扱っているチリワイン「ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シラー」は750mlの通常のボトルで、サントリー自身のwebサイトだと、特別価格1,185円で販売されている。チリワインとしては格上のワインである。

今さらながら、チリワインがなぜ安くて美味しいのかといえば、日チリ経済連携協定(EPA)が結ばれているからだ。ようするに関税がかかっていない、もしくは関税率が低いのです。世界は友だち! という態度の方がなにごともよいようです。

ビニャ マイポ社は、1948年に創立されたチリの名門ワイナリーでありまして、「ビニャ マイポ レセルバ ビトラル」シリーズは、「ぶどうの個性と果実味を最大限に生かすべく、完熟した良質なぶどうを丁寧に熟成させたこだわりのワイン」だとサントリーでは表現している。

「ビニャ」とはスペイン語で「ブドウ畑」、「マイポ」というのはチリの地名で、先住民マプチェ族の言葉で「耕された大地」という意味を持っているそうな。

余談ながら、「パイポ」というのは「シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナー」の母国でありまして、ご存知、落語の「寿限無」に出てくる架空の国の名前。およびじゃなかった……。

「耕された大地」のブドウ畑でつくられるこだわりのワインに話を戻します。「ビトラル」とはスペイン語で「ステンドグラス」という意味。今でもマイポ・ヴァレーでは毎年12月8日の聖マリアのための祝祭の日になると、「プリシマ デ マイポ教会」へ集まり、ブドウの豊作を祈るという。

そのマイポ教会のステンドグラスから差し込む光をイメージして生まれたのが「ビニャ マイポ レセルバ “ビトラル”」シリーズなのだそうだ。

今回はビニャ マイポの主力品種であるシラー種を使用した「ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シラー」から、気軽にお楽しみいただくべく、手に取りやすい375ml瓶を発売することになったのであった。早晩これにカベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネが加わることになるだろう。

「ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シラー 2015」
375ml   赤/フルボディ    
▼希望小売価格:オープン価格
▼発売期日:2017年9月5日(火)
▼シラーは、ビニャ マイポ社のフラッグシップともいえる品種です。熟したプラムやブラックベリーを思わせる香りと、チョコレートやバニラを思わせる味わい。まろやかなタンニンでバランスのとれたワインです。(サントリーのHPより)

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼に合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼にタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!