サントリーワインインターナショナルは、“肉専用黒ワイン”「カーニヴォ」の第2弾として「カーニヴォ ジンファンデル」を8月29日(火)から全国で発売する。

肉、アメリカ、ジンファンデル

2014年10月に発売された、“肉専用黒ワイン”「カーニヴォ」。カベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたワインだったのだけれど、第2弾登場とあいなった。8月29日(火)から発売となるのは、ジンファンデルを使った“肉専用黒ワイン”「カーニヴォ ジンファンデル」。ジンファンデルの、アメリカンなイメージと、肉料理のアメリカンなイメージとの掛け合わせである。

発表によると、香りは、ラムレーズンやドライプルーンを思わせる濃密で熟した果実の香りと、バニラや黒糖を思わせる甘い香り。ほどよいタンニンと凝縮した果実味が感じられ、サーロインなどの脂身や煮込んだビーフシチューと相性がぴったりという。

ラベルは、黒色を基調に縁をボルドー色に。また、肉食獣が爪でひっかいたようなデザインはこれまで同様だ。アルコール度数は14.5パーセント!

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
(『猫』の次は『三四郎』より抜粋。あ、中身とは関係ありませんでした……) 

三四郎は鞄と傘を片手に持ったまま、あいた手で例の古帽子を取って、ただ一言、
「さよなら」と言った。女はその顔をじっとながめていた、が、やがておちついた調子で、
「あなたはよっぽど度胸のないかたですね」と言って、にやりと笑った。