株式会社ノルレェイク・インターナショナルは、2017年8月中旬、フランス「シャトー・ド・ブリニ」のシャンパーニュ5アイテムを発売する。フラッグシップは、6種のブドウを1/6ずつ使った希少品「シ・セパージュ ・ブリュット」。

レコルタン・マニュピュラン

シャンパーニュの大手メゾン、名前がすぐに浮かぶ、アレとかコレとか、そのほとんどは自社畑でブドウをつくっているのではなくて、栽培農家からブドウを買い付けているNM(ネゴシアン・マニピュラン)である。

一方、ここにご紹介する「シャトー・ド・ブリニ」は、ブドウの栽培からワインの醸造までを手がけるRM(レコルタン・マニュピュラン)で、小規模だけれど、個性的なシャンパーニュをつくり出している。おまけに、シャンパーニュ地方の最南コート・デ・バール地区の中心に18世紀に建てられた本物のシャトー(城)を所有している。それがコレだ!

1789年にダンピエール伯爵が建てたお城。塔は19世紀につくられた。

シャンパーニュのつくり手は5000軒もあるといわれるけれど、シャトー・ド・ブリニはその中でゆいいつシャトーを名乗ることができるRMなのだ。

今回発売となる5アイテムの中で特に注目なのが、「クロ・デュ・シャトー・シ・セパージュ」である。後述する商品概要にも出てくるこちらである。

シャトー・ド・ブリニでは、シャトーの敷地内に石垣に囲まれた南向きの約0.9ヘクタールの畑があり、そこでシャンパーニづくりに使用が許されている7種のブドウのすべてが栽培されている。すなわち、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、ピノ・グリ、アルバンヌ、プティ・メリエ、ピノ・ブラン、そしてシャルドネである。

「クロ・デュ・シャトー・シ・セパージュ」は、名前が表しているごとく、シャトーのクロ(狭い畑の意。ただし、「clos(クロ)」という言葉を使うにはワインの原産地名称を保護するフランスの公的機関INAに登録しなければならない)でつくっている7つの品種のうちの6種を6分の1ずつ使った、世にも珍しいシャンパーニュなのだ。シとはsixのこと。セパージュとはブドウ品種である。いずれにせよ、年間生産量6000本という量的にも希少な存在で、その割にお値段(希望小売価格)は14,000円と目玉が飛び出るほど高くはない。飲んでみたいものです。一番搾りの「キュヴェ」というのも、美味しさを約束していそうです。

もうひとつ、これも後ほど出てきますが、シャルドネ100パーセントで10年間も熟成させた「シャトー・ド・ブリニ ブラン・ド・ブラン・ブリュット ミレジメ 2006」も注目のアイテム。お値段9,000円は、ヴィンテージ・シャンパーニュの愛好家に人気大なのだそう。こちらもぜひ、飲んでみたいものです。ヴィンテージものなのに、お値段も目玉が飛び出るほど高くない。以下プレスリリースの5アイテムの商品概要のコピペです。価格その他はじっくりとこちらをご覧ください。



商品概要

■商品名:シャトー・ド・ブリニ グランド・レゼルヴ・ブリュット
■ブドウ品種:ピノ・ワール50%、シャルドネ50%
■アルコール度数: 12.0%
■特徴:淡い麦藁色で持続性のある泡立ち。桃や有核果実の繊細なアロマ。フレッシュ感ある生 きや有核果実の繊細なアロマ。フレッシュ感ある生き生きとした味わいに、果実味豊かでエレガントな余韻が残る。
リザーブワイン10%使用。ドザージュ10g/L
□2013年ブリュッセル国際ワインコンクール金賞。2016年エぺルネ・コンクール金賞
「ワイン・スペクテーター」誌90点獲得
■希望小売価格:5,600円(消費税抜き)



■商品名:シャトー・ド・ブリニ ブリュット・ロゼ
■ブドウ品種:ピノ・ワール45% 、シャルドネ40%、ピノ・ワール15%(スティルワイン)
■アルコール度数:12.0%
■特徴:鮮やかなサーモンピンク色。フルーティな香りの中にスパイシーさもある複雑な味わい。初めに厚みのあるボディが感じられ、後からミントのようなフレッシュなアロマも。エレガントで余韻が長い。
リザーブワイン10%使用。ドザージュ10g/L
□「ワイン・スペクテーター」誌91点獲得
■希望小売価格:6,600円(消費税抜き)



■商品名:シャトー・ド・ブリニ ブラン・ド・ブラン・ブリュット
■ブドウ品種:シャルドネ100%
■アルコール度数:12.0%
■特徴:淡い黄金色。フレッシュで、ライチや果実の味わいに、ミネラルや複雑味が感じられる。エレガントでシルクのような舌触りの長い余韻。
リザーブワイン15%使用。ドザージュ8g/L
□「ワイン・スペクテーター」誌90点獲得
■希望小売価格:8,000円(消費税抜き)



■商品名:シャトー・ド・ブリニ ブラン・ド・ブリュット ミレジメ 2006年
■ブドウ品種:シャルドネ100%
■アルコール度数:12.0%
■特徴:濃厚で深い黄金色。10年間の熟成を経ながらもフレッシュな味わい。シナモンやナッツ、フルーツキャンディの風味に、とても長く心地良い余韻。通常より酸味と糖度がわずか低いシャルドネを使用。
リザーブワイン不使用。ドザージュ8g/L
■希望小売価格:9,000円(消費税抜き)



■商品名:クロ・デュ・シャトー・ド・ブリニ シ・セパージュ ・ブリュット
■ブドウ品種:1/6ピノ・ワール、1/6ピノ・ムニエ、1/6 ピノ・ブラン、1/6シャルドネ、1/6アルバンヌ、1/6プティ・メリエ
■アルコー度数:12.0%
■特徴:芳潤で巧妙かつエキゾチックな香り。フルーティーな味わいにヴァニラやオリエンタルなスパイスのアロマが見事に表現されている。6品種の調和のとれたブレンドが上品な風味をもらす。
リザーブワイン10%使用。ドザージュ5g/L
□「ワイン・スペクテーター」誌90点、「デキャンター」誌91点獲得
■希望小売価格:14,000円(消費税抜き)

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。