サントリーワインインターナショナルは、国産ぶどう100%のワイン=日本ワインの「登美の丘ワイナリー」シリーズより、「サントリー登美の丘ワイナリー 登美の丘 甲州スパークリング 2014」を全国で数量限定販売する。発売は9月5日(火)から。

同日、塩尻ワイナリーシリーズもローンチ

国産ぶどう100%ワインを“日本ワイン”と位置づける、サントリーワインインターナショナル。「登美の丘ワイナリー」「ジャパンプレミアム」の2つのシリーズを展開していて、9月5日からは、ここに、「塩尻ワイナリー」シリーズの5種が追加される。その意義、味わい、食とのペアリングなどは、WINE WHAT onlineのWeb Writer、紀子さんの記事もぜひ、ご参照いただきたいのだけれど、今回の話題は、「塩尻ワイナリー」ではなく、「登美の丘ワイナリー」シリーズのほう。

「塩尻ワイナリー」シリーズがローンチするのとおなじ、9月5日、「登美の丘ワイナリー」シリーズからは、「甲州」を100%使用した「登美の丘 甲州スパークリング」の新ヴィンテージが限定販売という形で登場するのだ。

プレスリリースによれば、「林檎の蜜や柑橘系を思わせる爽やかで甘い香りに加え、はつらつとした酸味や果実の豊かな味わいを楽しめるスパークリングワイン」だという。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。