アサヒビールは、チリワイン『サンタ・ヘレナ・アルパカ』ブランドのカベルネ・メルロー、シャルドネ・セミヨン、スパークリング・ブリュットの3アイテムのハーフボトル(375ml)を2017年9月5日(火)から発売する。

さらに身近に

「サンタ・ヘレナ・アルパカ」は、アサヒビールによると、“輸入ワイン市場売上容量No.1”ブランドとのことで、2017年1-7月の販売数量は約84万箱(1箱=750ml×12本換算)、前年比108%と、勢いもやや落ち着きつつあるという輸入ワインのなかでも、マーケットリーダーである。

ゆえに、さらに“日常的に楽しめるワイン”“ワイン初心者の方から幅広いユーザー層に飲みきりサイズで気軽に楽しめるワイン”として選ばれるブランドに育成してゆくべく、売り上げ構成比が大きい、<カベルネ・メルロー>、<シャルドネ・セミヨン>、<スパークリング・ブリュット>をハーフボトル(375ml)で、9月5日(火)から発売する。

アサヒビールの調査によると、ハーフボトルの購入意向は他の年代と比較すると20代から30代男女の支持が高いとのことで、フルボトルに比べて1人で飲用する割合も高いという。

2017年の『サンタ・ヘレナ・アルパカ』の販売目標は160万箱(前年比113%)。

まだまだ攻めの姿勢である。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
メリー・クリスマス&ハッピー・ニュー・イヤーん!
2018年1月号(通巻20号)12月5日発売です!
特集は、石田博ソムリエと柳忠之さんによる「ヴィンテージ・シャンパーニュ27本テイスティング」と、柳忠之さんを座長とする「ワインと寿司のマリアージュ徹底検証」の2本立て!
岩瀬大二さんの「チリ紀行」にも注目。チリも積もればカベルネ・ソーヴィニヨンだけじゃない!
表紙はアニソンの女王・水樹奈々さんです。
ワインがスッキ、スッキ、スッキ、スッキ、ワインがスッキ、スッキ! 
へ、編集長、なんの替え歌だか若い人にはわからないです〜。