英国航空ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、8月よりビジネスクラス(Club World)のドリンクメニューに、ウィンストン・チャーチルが好きだったポートワイン、グラハム・シックス・グレープスを追加した、と発表した。

熟れたプラム、チェリーの豊かな香り

BAのプレスリリースによると、チャーチルの時代、グラハム・シックス・グレープスは「グラハム・ヴィンテージ・キャラクター・ポート」として知られていて、チャーチルのカントリー・ハウス、チャートウェル・ハウスで出されていた。

1820年創業の、この歴史あるポートワインは、熟れたプラムやチェリーの豊かな香りが特徴で、8月に機内で提供されている、ローストホワイトチョコレートやへーゼルナッツのタルト、スパイスの効いたアップルジェリーを添えたチェダーチーズやカマンベールチーズなどとの相性が抜群なのだそう。う〜む、パブロフの犬状態になってまいりました。

ポートワインはClub Worldで非常に人気があって、昨年だけで約41,000本のボトルがBAのビジネスクラスの乗客に口福をもたらしたという。飛行機の中でいただく食後酒は、寝酒でもありますからね。

ブリティッシュ・エアウェイズの給仕長コリン・タルボットはこう語っている。「今回グラハム・シックス・グレープスがメニューに追加されることを非常に嬉しく思います。高度の高い上空においても、ストラクチャーを持った長めの余韻により、風味が保たれます。機内で提供されるデザートやチーズと非常によく合うでしょう」

さらに、今秋よりブリティッシュ・エアウェイズはClub Worldにて新たなレストランスタイルのプレミアムダイニングサービスを開始する。

ディスプレイ式のカートで給仕を行い、ゲストは新鮮な前菜やデザートから好きなものを選ぶ。新たな美しいテーブルセッティングも楽しめるという。

BAはまたは、1994年にスタートしたThe White Companyとの提携も発表しており、Club Worldの乗客が上空でも快適な眠りに就けるよう、寝具やアメニティキットを各市場向けに提供する。

食事や就寝時の新たなスタイルの提供は、BAが数億ポンドをかけて取り組んでいる投資計画の一環であり、プレミアム・キャビンにおけるさらなるサービス向上と、すべての乗客に上質で、より幅広い選択肢を提供することに重点を置いている。

Club Worldには、ケータリング、睡眠、座席の質の向上を中心に、400億ポンドもの資金が将来的に投入される。ヒースロー空港では保安検査場やラウンジへ直接アクセスできるチェックインエリア「ファースト・ウィング」がオープン、航空ネットワークのラウンジは改修が予定されている。英国国内線ではThe Club Europeキャビンが導入されたことに加え、今後2年間で機内に最新のWi-Fi環境が整備されるという。

こうなると、ロンドンに行くならやっぱりBAでしょうか。

絶対、絶対、絶対、絶対にBAでなければならぬ!

とチャーチルをマネてみました。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
9月号(通巻18号)では、白ワインに注目! そもそも白ワインって? 三大品種シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングの基礎から、いまどき大討論会、石田博ソムリエによるペアリング提案まで、この夏、飲みたい白ワインを総ざらい。
そして、夏から秋にかけてのワイン旅も提案。ポルトガル現地取材、急成長中の北海道ワイナリーのいまとWINE-WHAT!?ならではのツアー情報、ワインを堪能できる宿「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」へは、ベントレーで訪れ、カリフォルニアでは、ケンゾー エステイトに行ってきました。