ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合は、在日フランス大使館にて、同組合の公式ソムリエコンクールを初開催する。日本での開催は、ベルギー、中国に続き、3カ国目になる。以下はそのプレスリリースです。

 

45歳以下の若手ソムリエのみなさんへ

ボルドーはフランスワインの代表格のひとつとして、日本ではすでに高い知名度を誇っており、生産者らは伝統に甘んじることなく、日々努力を重ねて進化を遂げています。中でもAOCボルドー、AOCボルドー・シュペリュールの生産者は、手ごろな価格でありながら“ボルドー”ブランドに相応しい高品質のワインを提供しています。

また、ボルドー=赤といった固定概念が強い中、同生産者は白やロゼ、クレレやクレマンといったボルドーならではの優れたワインを生産しています。



このコンクールは、そんなボルドーワインを日本の若手ソムリエの方々に改めて発見していただき、日本のワインファンへさまざまなボルドーワインをご紹介いただくことを目的としています。

そのため、予選当日には、日本ソムリエ協会常務理事・技術研究部長の森覚氏によるボルドーワイン講座を行い、コンクールでは日本語を使用言語として競っていただきます。こうした試みにより、日本国内を活躍の場としている多くのソムリエの方々にご参加いただけると考えております。

コンクール優勝者へは、認定ディプロムの他に、ボルドー旅行(航空券、宿泊、ワイナリーツアー込み)が授与されます。

開催概要は下記の通りです。

日程
募集期間 : 2017年9月20日(水)~10月31日(火)
セミナー・予選 : 2017年11月17日(金)
セミナータイトル:「バラエティ豊かで、日常に親しみやすいボルドー地方のワイン」
講師 : 一般社団法人 日本ソムリエ協会常務理事・技術研究部長、森覚氏
決勝・表彰式 : 2017年12月7日(木)
会場 : 在日フランス大使館
参加費 : 無料 ※交通費自己負担
優勝賞品 : ボルドー旅行(航空券、宿泊、ワイナリーツアー込み)、認定ディプロム
※他、準優勝、3位まで賞品授与予定ですが、詳細につきましては、9月下旬にコンクール公式ブログにてお知らせいたします
審査員
審査員長 森 覚氏(一般社団法人日本ソムリエ協会常務理事技術研究部長)
審査員
石田 博氏(一般社団法人日本ソムリエ協会副会長)
佐藤 陽一氏(一般社団法人日本ソムリエ協会理事)
岩田 渉氏(第8回全日本最優秀ソムリエコンクール優勝)

出席者
ローラン・ピック 駐日フランス大使
カトリーヌ・アルビィ氏 (ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合、プロモーション&コミュニケーション責任者)
主催 : ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合
共催 : 在日フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス
後援 : 一般社団法人 日本ソムリエ協会
協賛 : ANAフーズ株式会社、ベルジャポン株式会社、株式会社ビゴ東京、ダノンジャパン株式会社、トップ・トレーディング株式会社、UCC上島珈琲株式会社
その他の詳細は、以下公式ブログよりご覧ください。
www.youbuyfrance.com/jp


お問合せ先: BBS ソムリエコンクール 2017 運営事務局
Email: bbs@arex-corp.com
Tel : 03-3560-1289

なお、すでに詳細を公式ブログで確認された方はご存じのように、応募資格として、性別・国籍は不問ですが、以下のことが書かれています。

1. ワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門知識・テイスティング能力を有する方(一般社団法人日本ソムリエ協会認定が定めるソムリエ呼称資格認定の定義を満たす方。資格保有については問いません)であり、かつ現在日本のホテル、レストランなど飲料を提供する施設においてソムリエとしてサービスに従事している方
2. 将来にわたりソムリエとしての職務を遂行する意思を有する方
3. 45歳以下

う〜む、残念……。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼きに合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼きにタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!