未亡人をフランス語でいうとVeuve(ヴーヴ)で、1805年、27歳にしてVeuveとなると夫、フランソワ・クリコの事業を引き継いだ、バルブ・ニコル・ポンサルダンこと、クリコ未亡人にちなむシャンパンブランド「ヴーヴ・クリコ」。その当時から、諸外国を相手にビジネスをおこなってきた歴史に敬意をはらって、今年、スチール製の矢印型ロードサインが入った限定ボックス「ヴーヴ・クリコ イエローラベル アロー マグネット」を発売。

ショッピングバッグも再登場

ヴーヴ・クリコの今年のテーマはジャーニー。ヴーヴ・クリコを代表するシャンパン「ヴーヴ・クリコ イエローラベル」には限定商品として、矢印型のロードサインを模したマグネットがついた「ヴーヴ・クリコ イエローラベル アロー マグネット」が登場する。取り扱いは、特定百貨店および特定スーパー。10月初旬から、数量限定。7,050円(税別)にて。

東京、ロンドン、パリ、ニューヨーク、ミラノ、シドニーと、世界6都市のいずれかの名前がかかれている、このロードサイン風マグネットには、その都市と、ヴーヴ・クリコ誕生の地、フランス・ランス地方とのあいだの距離も記されている。

さらに、前回発売時に人気だったという、保冷機能がついたエコフレンドリーな「ヴーヴ・クリコ イエローラベル ショッピングバッグ」も再登場。こちらは7,150円(税別)だ。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼きに合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼きにタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!