秋の週末、東京は天王洲にて。あちらには街、こちらには運河。あわただしい日常のことはしばらく忘れて、ジャズのライブ演奏がながれるなか、ワインを楽しむ……

天王洲キャナルサイドへ

天王洲アイル駅のある島、つまり天王洲アイルの西には天王洲運河が流れ、運河沿いには街と運河にはさまれたボードウォークがある。そこは、天王洲アイル第三水辺公園という名前なのだけれど、よほど寒い日でもないかぎり、運河からは心地よい風がふき、緑と水面にうつる光は美しく、それから建築家・隈研吾監修の水上スペース「T-LOTUS M」が浮かんでいて、じつにリラックスできる空間なのだ。ここが、天王洲キャナルサイド。とくに週末の夕べは、東京がほっと一息ついているかのような都会ならではの静寂を味わえる。




その天王洲キャナルサイドをメインの舞台として、天王洲アイルでは10月14日(土)、15日(日)の2日間、ジャズとワインを楽しむイベントが開催される。

東京におけるトラッドジャズフェスティバルの最高峰である新宿トラッドジャズフェスティバル(11月開催)に先駆けて、選りすぐりのプロのジャズミュージシャンが2日間で延べ70人近く出演し、ブラスバンドも練り歩く。ここに、スウィングダンス普及のために、さまざまな活動を展開するTokyo Swing Dance Societyも合流。日本のトラッドジャズフェスティバルのトップコンテンツが集う、東京で最高のスウィングダンスフェスティバルが開催されるというのだ……

しかも、ボードウォークにはマルシェのように飲食店がたちならび、ワインは、天王洲アイルといえば、の寺田倉庫が担当。のんびりと週末を楽しむもよし、踊るもよし。入場料などは無料イベントだというのだから、これは週末を東京で過ごす者の特権だ!



天王洲キャナルジャズ
Powered by 新宿トラッドジャズフェスティバル実行委員会
Supported by Tokyo Swing Dance Society
開催日時|10月14日(土) 15:00-20:00
     10月15日(日) 15:00-20:00      
会場|天王洲キャナルイースト(天王洲アイル第三水辺公園)
   〒140-0002 東京都品川区東品川2丁目1−1    
*予告なく日時・内容が変更となる場合や、悪天候により会場が室内に移る場合があります。予めご了承ください

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
2017年11月号(通巻19号)ただいま発売中!
巻頭特集は、お好み焼きに合うワインを徹底研究。4人の料理人による創作お好み焼きにタベアルキストのマッキー牧元さんも唸りっぱなし。
柳 忠之さんの「新オーストラリアワイン紀行」、11月16日解禁「ボジョレー・ヌーヴォー」にも注目!
表紙の美女は女優・飛鳥凛さんです。もうお腹いっぱいだけど、おかわりしちゃおうかな〜。すいません、もう1冊ください!