ハレの日じゃなくても気楽に楽しみましょう、シャンパーニュを、というコンセプトの西麻布のビストロで、2時間飲み放題だ〜ッ!

フリーフロー!

1976年の創業からわずか30年余りで、フランス国内での販売数量No.1の座を、なんと12年も連続で独占しているシャンパーニュ・メーカーといえば、ニコラ・フィアットである。

創始者のニコラ・フィアットさんは18歳のときに「アメリカに行って起業しよう!」と思い立ち、実際に行動に移す。自由の国に渡って、アフリカからコーヒー豆を輸入して大成功をおさめる。  

1960年、シャンパーニュ地方のランスに12haの畑を譲り受けたフィアット氏は、これを機に母国に帰り、シャンパーニュづくりに励むことになる。みずからの名前を冠したブランドを誕生させたのはそれから16年もあとのこと。この間の試行錯誤や、いかばかり。

早くもその2年後、当時のフランス大統領、ということはジスカール・デスタンの訪米の際、ワシントンでの歓迎晩餐会で、ニコラ・フィアットは公式シャンパーニュに採用されたというのだから、フィアットさんの苦労もすっ飛んだに違いない。

ニコラ・フィアット アンシャントメント スペシャル エディション2009 オープン(参考5,950円)
熟成期間6年 ピノ・ノワール40%、シャルドネ20%、ピノ・ムニエ40%

そんなニコラ・フィアットの、9月に発売されたばかりの『アンシャントメント スペシャル エディション 2009』と、『ブリュット グラン・レゼルヴ』の2時間のフリーフロー!! というスペシャルなイベントが東京西麻布のビストロ・シャンパーニュ・トレゾールにて、別記の要領で開かれる。

ええっ、この会費で2時間飲み放題ですか!

サミットの開催を呼びかけたジスカール・デスタン大統領にならい、ニコラ・フィアットでカンパイし、世界の平和と未来について語り合いたいものです。

もちろん、世界の云々について、というのは強制ではありませんです。安心してください。

『アンシャントメント スペシャル エディション』の“アンシャントメント(Enchantment )”とは、“魔法をかけた”という意味だそう。グラス1杯のニコラ・フィアットが魔法をかける、そんなひと時をお楽しみください。

日時 10月11日(水)受付19:00 スタート19:30~ (2時間のフリーフロー)
会費  9,500円 (シャンパーニュ、立食ビュッフェ代金込み)

シャンパーニュアイテム

★Enchantment Special Edition 2009 (新発売)
★Brut Grande Réserve 
(上記2種は2時間フリーフローです)

★Grand Cru Blanc de Blancs 2006 
★Palmes D’or Rosé Brut 2006
(上記2種は1杯のみ)

ご予約、お問い合わせ
ビストロ・シャンパーニュ・トレゾール
〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目17−29 富士見坂プレイスB1
tel.03-3470-1968

この記事を書いた人

不肖ヤマダヤスシ編集長
不肖ヤマダヤスシ編集長
北海道札幌生まれの道産子。いつも目の前のことだけをまっすぐに考えている。いまこのときを切り抜ければ、人生はなんとかなる! 本当は悪い人じゃない。善人なをもて往生をとぐいはんや悪人をや。