アサヒビールは、農業法人「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード株式会社」を設立し、北海道余市郡余市町の自社畑でのブドウ栽培をいよいよ開始する。まさにいちから始めるこの畑でのブドウ栽培とワイン造りに参加できる「サポーター」を募集しているという。ワインラバーにとっては、まさに貴重な体験ができるチャンス到来なのだ!  
 
自社畑イメージ

自社畑イメージ

畑づくりからファーストヴインテージまで

壮大な体験プロジェクトだ。なんてったって6年がかりなのだから。

「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード株式会社」は、今年誕生したばかり。つまり全ては、これから始まる。2017年の現在は、ブドウ畑は、整地や棚づくりなどが行われているはずだ。来年の2018年春に、ブドウの木の植栽が始まるという。

「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター」になると、その植栽から体験が始まる。そして、その翌年、翌々年に芽かき体験、収穫体験ができるのは4年後、そして目指すのは6年後に予定されているファーストヴィンテージのお披露目だ。

現在予定されている活動スケジュールは
2019年5月:芽かき
2020年5月:芽かき
2021年5月:芽かき、7月:夏季剪定、10月:ぶどう収穫
2022年5月:芽かき、7月:夏季剪定、10月:ぶどう収穫
2023年5月:芽かき、7月:夏季剪定・ファーストヴィンテージお披露会、ファーストヴィンテージプレゼント
(*スケジュールは変更になる可能性があるそう)
だそうだ。生まれたばかりの畑から最初のヴィンテージができるまで、その状況を体験できるというのは、滅多にあることではないように思う。面白そうと思うのは私だけではないと思う。

ただし、参加できる定員は30名だけ。しかも交通費や宿泊代は自腹だ。集合場所(余市駅予定)からヴィンヤードへの送迎はあるそうだが。
色々な意味で少しハードルは高い。だが、それ以上に、好奇心が疼いてしまう。

募集期間は11月20日(月)から2018年1月19日(金)までだそう。最終的には「サポーター」が栽培に携わったぶどうが、はじめてワインになる“ファーストヴィンテージ”(2023年発売予定)を、一人1本(750ml瓶)もらえるそうだ。登録費用は1,080円(消費税込み)。この金額にファーストヴィンテージの代金も含まれている。

詳しくは、アサヒビールのウェブサイトをご覧ください。
お申し込みもここからできます。
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/ste-neige/sainteneige/vineyardsupporters/

「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤードサポーター制度」運営事務局
TEL:0800-919-0997
受付時間10:00~17:00(土日、祝日、年末年始を除く)

この記事を書いた人

hideppo
hideppo
呑んべえで食いしん坊のおやじライターhideppoです。毎日、飲み歩いているお気に入りの店や、出張先や旅行先で見つけたおいしい店を、紹介していきます。ライターとして、あえて写真を撮らず、文章だけでおいしさや魅力をお伝えできる力をつけたいとチャレンジしています。自分の舌で納得した、安くてうまい店を中心に紹介します。でも、たいてい呑みながら書いているので、酔い加減によっては、同じことを繰り返したり、つじつまがあわなかったりもしますが、あしからず。