11月25日(土)から12月10日(日)まで、広島では、ヴェネツィアン・グラス作品で平和へのメッセージをこめた展覧会が開催される。広島市現代美術館、ひろしま美術館、広島県立美術館の3箇所を舞台に繰り広げられるこのイベントは、グラッパのボッテガと広島市との異色のコラボレーション!

HIROSHIMA FOR WORLD PEACE (ギフトボックス)
サンドロ・ボッテーガ氏から松井広島市長に贈られた特性ボトルをイメージした、グラッパ「PEACE FOR HIROSHIMA」とスプマンテ「PEACE FOR THE WORLD」のセット。参考小売価格12,400円

ボッテガではボトルも自社製です

イタリアはヴェネト州に本拠地を置く、ボッテガ社は、プロセッコ、グラッパの名手、というのはWINE-WHAT!?読者にはもはや説明不要だろうか?ではそのスタイリッシュなボトルのために、ボッテガ社が手吹きのガラス工場をもっていることは?

ボッテガ社製ガラスボトルの新作が『PEACE FOR HIROSHIMA』と名付けられて、このほど発売となった。もちろんボトルのなかには、ボッテガ社自慢のグラッパが入っているのだけれど、今回はボトルの話をさせてほしい。このボトルの底にはガラス製の白い鳩が入っている。そしてこの商品は、収益金が広島の平和推進活動に寄付されるチャリティ商品だ。

19歳のころから、ボッテガ社の社長をつとめるサンドロ・ボッテーガは、2015年、広島市長に平和のシンボルたる白い鳩のデザインが入った(サンドロみずからがデザインしている!)2種類の特性ボトルを贈呈した。

70年前に広島を襲った惨劇に強い憤りと虚しさを覚えたというサンドロは、このときから、さらなるチャリティープロジェクトをスタートさせた。

そのプロジェクトの成果が、このたび、世にあらわれたのだ。

それが、2015年に贈られた2種のボトルと、おなじイメージで造られている、先述の『PEACE FOR HIROSHIMA』、とスプマンテ『PEACE FOR THE WORLD』。

サンドロ・ボッテーガ
1983年、19歳にして父を失い、ボッテガ社の社長に就任。それまでのグラッパのコンセプトを覆す、高品質で現代的、強力なブランドイメージをもったアレキサンダーグラッパで新しいマーケットを切り拓いたグラッパ界の風雲児。アウトソーシングを避け、ヴェネツィアン・グラスの伝統と自らのデザイン感覚を組み合わせたアートボトルも自社生産。「アルコール業界のフェラーリ」を標榜している



PEACE FOR HIROSHIMA
世界シェアNo.1を誇るボッテガ社が最高の香りとバランスの良い味わいをもつグラッパの原料となる品種と評価し、最も多くの量を蒸留するヴェネト産の白ブドウ、プロセッコを使用。熟れた果実と咲き誇る花を思わせる新鮮で豊潤な香りと、まろやかな口当たりを堪能できる。参考小売価格:8,645円

PEACE FOR THE WORLD
ヴェネツィアDOCスプマンテ。リンゴ、白桃、サンザシ、アカシア、藤の花といった華やかな香り。味は、バランスがとれた、フルーティーな辛口。参考小売価格:2,351円

展覧会も開催

さらに、このふたつのチャリティーボトルの登場を記念して、広島市現代美術館のエントランスホールでは『命の水のアート展』と題した、展覧会が開催されている。『PEACE FOR HIROSHIMA』のボトルの大型バージョンを含む、ボッテガ社のアートボトルの傑作、約50点が展示されているのだ。

これだけではない。ひろしま美術館の地下一階と広島県立美術館一階には、連作となる、大きく、躍動感あふれるガラス製の鳩、そして、その周囲をしずく型のボトルがとりまくインスタレーションが登場している。

ひろしま美術館では透明の鳩と新芽のしずく型ボトル

広島県立美術館では、白い鳩と花のしずく型ボトル

内部に、やはりガラス製の植物の新芽、あるいは花が入った、このしずく型ボトルは、雨が降って生命が育まれるさまを表現している。制作は、ボッテガ社。

そして、その上を飛翔するガラスでできた鳩は、ヴェネツィアン・グラスの巨匠、ピノ・シニョレットによるもの。等身大サイズの馬のオブジェなど、巨大かつ緻密なガラス作品で知られるピノ・シニョレットは、サルバドール・ダリとも協業した経験をもつ生ける伝説。今回、サンドロの企画に賛同して、鳩を2羽、制作したのだ。

会期は12月10日(日)まで。入場料は無料。広島市現代美術館のみ月曜日が休館となるのでご注意を。

そして、『PEACE FOR HIROSHIMA』は手作りの工芸品ゆえ、生産量は少ない。販売は広島に限定されているので、こちらも、お見逃しなく!


『PEACE FOR THE WORLD』は以下の店舗でご購入いただけます。商品は数に限りがあるので、事前にご確認ください。
※『PEACE FOR THE WORLD』のみの取扱いとなります。

呉山城屋 本店
住所|広島県呉市本通2-6-6 山城屋ビル1F
電話|0823-21-2722
営業時間|10:00-19:00(日曜休み)

呉山城屋 LECT店
広島県広島市西区扇二丁目1番45号
電話|082-270-0051(代表)
営業時間|10:00~21:00(不定休)

大和屋酒舗 胡町本店
広島県広島市中区胡町4-3
電話|082-241-5660
営業時間|10:00-22:00(日曜・祝日休み)

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
メリー・クリスマス&ハッピー・ニュー・イヤーん!
2018年1月号(通巻20号)12月5日発売です!
特集は、石田博ソムリエと柳忠之さんによる「ヴィンテージ・シャンパーニュ27本テイスティング」と、柳忠之さんを座長とする「ワインと寿司のマリアージュ徹底検証」の2本立て!
岩瀬大二さんの「チリ紀行」にも注目。チリも積もればカベルネ・ソーヴィニヨンだけじゃない!
表紙はアニソンの女王・水樹奈々さんです。
ワインがスッキ、スッキ、スッキ、スッキ、ワインがスッキ、スッキ! 
へ、編集長、なんの替え歌だか若い人にはわからないです〜。