もっと気軽にボルドーワインを楽しんでもらいたい、という思いでボルドーワイン委員会が製作した、楽しく学べるボルドーワインの動画配信が12月12日からスタートしている。

 

楽しく学べる、ネオギャル主演のロード・ムービー的展開

動画はシリーズ仕立てになっており、エピソード1~5がボルドーワイン委員会公式サイト(www.bordeaux-wines.jp)とSNS公式アカウントで毎月1エピソードずつ配信する。

キャストは、人気DJ/デザイナーのALISA UENO氏と若いワインラバーから絶大な支持を得ているソムリエの大越基裕(おおこし・もとひろ)氏。

「ワインが飲めるようになりたい」というワインのシロウトと、ワインのプロの異色コンビがボルドーを旅しながら、それぞれ独自の視点で“#MYBORDEAUX”を紹介する。

「1989年12月21日生まれ。大学を卒業する前から活動していたモデルでの経験を活かし2011年9月からアパレルブランド【FIG&VIPER】のトータルプロデュースを始める。彼女の感受性あふれる独特なヘアースタイル、メイク、ファッションは”ネオギャル”として様々な人から支持を得ている」

というのが公式ブログにあるALISA UENOのプロフィール。ボルドーワインとその人々、そして素晴らしい景色と文化の虜となっていく彼女と、ボルドーワインを熟知しているはずのプロの大越が、シロウトの新鮮な視点にボルドーワインの新たな魅力に気づかされていく、というロード・ムービー的展開にも注目! とのことです。

ボルドーは赤だけではない。辛口白・赤・ロゼ・クレマン(スパークリング)・甘口白ワインと多様なスタイルを生産している。

そういうことは知っている人は知っているけれど、知らない人は知らないわけで、当たり前ですけれど、つまりボルドーワイン委員会はボルドーを知らない、これからワインを飲み始めようという若者をターゲットにしてこの動画を製作しているわけで、そこに世界のワイン市場におけるボルドーの立ち位置の微妙な変化がうかがえるのかもしれない。




「高級赤ワインだけではないボルドーの新しい姿を知ることができるこの動画と共にぜひ、ボルドーワインを楽しく学んでほしい」

とボルドーワイン委員会発のプレスリリースは結んでいる。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
メリー・クリスマス&ハッピー・ニュー・イヤーん!
2018年1月号(通巻20号)12月5日発売です!
特集は、石田博ソムリエと柳忠之さんによる「ヴィンテージ・シャンパーニュ27本テイスティング」と、柳忠之さんを座長とする「ワインと寿司のマリアージュ徹底検証」の2本立て!
岩瀬大二さんの「チリ紀行」にも注目。チリも積もればカベルネ・ソーヴィニヨンだけじゃない!
表紙はアニソンの女王・水樹奈々さんです。
ワインがスッキ、スッキ、スッキ、スッキ、ワインがスッキ、スッキ! 
へ、編集長、なんの替え歌だか若い人にはわからないです〜。