2018 年2月1日(木)から2月12日(月・振)まで、北海道は札幌で開催される「さっぽろ雪まつり」。2月5日(月)からは、モエ・エ・シャンドンのポップアップラウンジ「MOËT ICE LOUNGE 2018(モエ アイスラウンジ 2018)」がオープンする。モエ・エ・シャンドンのアイコン、「モエ アンペリアル」はもちろん、「アイス アンペリアル」さらにマリアージュフードも楽しめる!

画像はイメージです

忘れられない#MOETMOMENT を

雪と氷の祭典「さっぽろ雪まつり」。昨年は、大通会場を中心に、雪像や氷の彫刻200基が登場し、264万3千人という、過去最多の来場者数を記録したという。この2017年、モエ・エ・シャンドンは、創業130年を迎えた北海道新聞社と60年を迎えたさっぽろテレビ塔の歴史的なアニバーサリーを祝福するため、“MOËT ICE LOUNGE”をさっぽろ雪まつりにオープンした。そして2018年、“MOËT ICE LOUNGE”は、さっぽろ雪まつりに帰ってくる。

北海道のシンボル「さっぽろテレビ塔」の 1F フロアにオープンするラウンジでは、氷を浮かべて初めて完成するシャンパン「アイス アンペリアル」、モエ・エ・シャンドンのアイコン「モエ アンペリアル」の「ミニ モエ(200ml)」が楽しめ、氷でできたフォトブースなどオリジナルコンテンツも用意される。

そして、モエ・エ・シャンドンとのマリアージュフードを担当するのは、札幌の隠れ家的フレンチビストロ「ビストロ ポワル」。スペシャル フード メニューは以下のとおり。

グジエール 白レバームース入り/芦別産のジャガイモのドフィーヌ ¥500(税込)

芦別産のジャガイモと美唄産の北海地鶏のスープ トリュフの香り ¥500(税込)

真狩産豚のテリーヌ ゆず胡椒を添えて ¥500(税込)

フォアグラのプリン キャラメルソースで ¥700(税込)

雪と氷の街で、モエ・エ・シャンドンを手に、冬のアートを楽しむ。北の国ならではの#MOETMOMENT。WINE-WHAT!?も参加したい!

プレスリリースの最後はこんな風に締めくくられています。

氷の涼やかさが溶け込んだ魅惑的で優雅な泡立ちのアイス アンペリアルと共に、風情あふれる雪景色の中で友人や家族、恋人など、大切な人と忘れられない#MOETMOMENT をお過ごしください。

“MOËT ICE LOUNGE 2018”
  場所|さっぽろテレビ塔 1F フロア(北海道札幌市中央区大通西 1 丁目)
開催期間|2018 年2月5日(月)から2月12日(月・振)
開催時間|11:00~21:00     
※時間は変更になる可能性がございます。また、2 月 5 日(月)は、11:00~14:00 までの営業です。
販売商品|モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル グラス ¥1,000(税込)
     モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル 「ミニ モエ(200ml)」 ボトル ¥1,600(税込)


「ビストロ ポワル」


オーナーシェフ 早貸大吾氏
北海道滝川市出身。「札幌パークホテル」でシェフとして活躍後、2010 年に同店のオーナーシェフに就任。現在は店舗を経営する傍ら、調理師学校の講師、レストランのプロデューサーやコンサルタントなどを手掛ける。夏期は長年懇意にしている農園に出向き、自ら野菜を収穫。丁寧な仕込みと、素材に対する知識がものをいう、素材本来の味わいを引き出す“引き算の料理”を貫く。シンプルながら奥行きが感じられる深い味わいとシェフの飾らない人柄が訪れるゲストの心を魅きつける。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
雨上がりの朝、届いたワインの雑誌。

焼き鳥とワインが結婚するってホントですか。

WINE-WHAT!?の表紙は笑っているだけ。

赤、白で、今回ロゼはないけど、

サンジョベーゼとかアシルティコとかが、

つくねとかねぎまとかに合わせて踊りだす。