創業300年の歴史を誇る英国最古のワイン&スピリッツ商「ベリー・ブラザーズ&ラッド BERRY BROs & RUDD(BB&R)」が、ブルゴーニュの超新星「オリヴィエ・バーンスタイン」のテイスティング・ランチを、さる1月16日(火)、東京・白金台にあるレストラン「ティルプス」で開いた。来日したオリヴィエ・バーンスタインその人にWINE-WHAT!?は独占インタビューしました。

 

35歳でワインづくり

2007年に最初のヴィンテージを売り出した瞬間、オリヴィエ・バーンスタインはブルゴーニュの新しいスターになった。ジャンシス・ロビンソン、アラン・メドウズをはじめとするワイン評論家からこぞって絶賛されたのだ。創業わずか数年で、英国王室御用達のワイン商「ベリー・ブラザーズ&ラッド(BB&R)」がアン・プリムール(先物ワイン取引)として案内を行うほどに。

オリヴィエ・バーンスタインは音楽の譜面の出版社を営むファミリーに生まれたのだけれど、ワイン好きが嵩じてそこから離れ、35歳にして南仏ルーションに自分の畑を手に入れてワインをつくり始めた。5年後の2007年にブルゴーニュに引っ越し、その途端に脚光を浴びた。

5種のグラスにオリヴィエ・バーンスタイン5種が注がれた。

プルミエクリュとグランクリュしかないのが特徴で、BB&Rのホームページを見ると、掲載されているなかで一番高い「2013 マジ‐シャンベルタン、グランクリュ」で定価70,200円。「他のどの生産者よりもシルキーで洗練された味わいながら、それでいてコショウのパンチもあり、筋肉質な果実味も……」とコメント欄にある。

一番価格の低い「2014 シャンボール‐ミュジニー、レ・ラヴロット、プルミエクリュ」は定価21,427円で、「これまでで最も『シャンボールらしさ』のあるラヴロットです。飲み頃:2018-2022年」とこれまたコメント欄で絶賛されている。

ちなみにオリヴィエ・バーンスタインを発掘したBB&Rのワインのバイヤーは、2017年6月まで同社のブルゴーニュの買い付けを担っていたマスター・オブ・ワインのジャスパー・モリスMWであった。1981年からブルゴーニュで暮らしているという筋金入りのブルゴーニュ好きにして、ブルゴーニュの大家である。

テイスティング・ランチではオリヴィエ・バーンスタイン氏を8人ほどで囲んでいて、そのうちのひとりはBB&Rのマーケティング担当者、プレスはWINE-WHAT!?だけだった。ということで、記者がおずおずと発した第一声は、“May I take your picture?”だった。

「もちろん」と快くバーンスタインは微笑み、グラスを持っていた方がいいですか、とたいへんフレンドリーで協力的だった……のだけれど記者の写真の腕前はご覧のように超ヘタクソだった。当日の証拠写真ということでお許しください。

そして記者は最初の質問をした。

今回の来日の主な目的は?

「グッド・フード(笑)。

いや、本当に。昨日は、京都の『瓢亭』に行きました。今夜は、『幸村』の予定です。グレート・ディナーです。アイ・ラブ・ジャパニーズ・フード。新しいヴィンテージについて何人かのコレクターと話すことにはなっています。今回は、大阪、京都、東京、明日は福岡。今朝、生まれて初めて新幹線に乗りました。気に入りました」

日本に来るのは初めてですか?

「いいえ。ただ、いつも東京だったので。

ともかく私がワインをつくっているのは、美味しいディナーとランチをとるためだけなのです」

とニッコリ。こちらも思わずニッコリ。

「それと、日本はとても重要なマーケットです。量だけではなくて、質として。評価の質です。日本人は世界中でたくさん話してくれます。カリフォルニアやパリのレストランに行って、オリヴィエのワインはありますか、と聞いてくれます。もし日本でポピュラーだったら、世界中でポピュラーになります(笑)。いや、本当に重要なマーケットなのです。ハイエンドなモノにとって」

こちらが信じられない、という顔をしていたのか、さらにこう続けた。

「ピエール・エルメって知ってますか。私はよく知らないんだけどパティシエです。彼はいま、フランスでパティシエのスーパースターです。彼は最初、日本で有名になって、日本人がパリに来ると、『どこにピエール・エルメはあるのですか?』と聞く。フランス人は知らなかった。日本人ですよ、ピエール・エルメをこんにち、こんなにワールドワイドにしたのは」

読者諸兄はご存知だったでしょうか?

そういったあと、「これ、トライしていい? 次の質問にはこれを食べたら答えますから、絶対」と断ったうえで、目の前のホタテを食べた。

アミューズはシャンパーニュにピッタリのリコッタチーズなど。

第1の皿は柿とにんじんにカカオがふりかけてある創作料理。


2の皿はイカのリゾット。イタリアンな味わい。

3の皿はホタテ。撮る前につい食べてしまいました。





この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
新学期スタートダッシュ驀進号!
新しい年はボルドーワインから始めましょう。
五大シャトー、言えますか?
答はマルゴー、ムートン、ラフィット、ラトゥール、オー・ブリオンです。言えたら、なんかいいことあるんけ? 口に出すと口福でいっぱいになりそうなの〜〜。
探偵は狸小路にいる? 小特集の「札幌ワインdeはしご酒」にも注目。
ひとり酒場で呑む酒は、呑みすぎに注意してください。