春の到来を、ひとりでしみじみ祝いたいときから、ふたりでしっとり祝いたいとき、あるいは、みんなでわいわい祝いたいとき。そんな気分に合わせたワインを、4人の読者代表テイスターが選びます。春のロゼ人気を裏付けるように、エントリー数も金賞受賞数もロゼが多めという、ロゼらんまんの結果になりました!

今回の読者テイスターのみなさん


郭 悦さん
スポーツ用品関係の会社に勤務しつつ、「ワインは毎日不可欠!」とWSETの勉強中。好みは、香りが控えめなワイン。春はロゼのイメージは強いが、必ず料理と合わせられるロゼの万能性には以前より着目してきた。今回は、酸が弱めなタイプも「初心者には飲みやすい」との点で高く評価。




稲生穂高さん
私立大学職員。学生時代にフランス料理店で働きワインに目覚めてからは、野球部出身の気力体力を活かし、ワイン探索に全力投球。「冬はボルドー赤でしっぽり過ごし、夏はソービニヨン・ブランやトロンテスの気分」。春は、フレッシュなタイプが少しずつ飲みたくなる時節だとか。




櫻井伸二さん
ソムリエやワイン輸入業を経て、外資系企業で13年間ワイン販売に携わる。昔は値段が高騰していなかったから、との注釈つきで「グランヴァン、ブルゴーニュが好き」。一定数揃ったロゼの比較試飲に価値を見出しつつ、「ロゼは売りづらく、食生活から考え直さないと」と現場目線の提案も。




高橋朋也さん
恵比寿「ガパオ食堂」店長。JSA認定ソムリエ。現在ハマっているのはジョージアのオレンジワインだが、もともとロゼ全般が大好き。「とくにやや甘味の残っているロゼは、パクチーに合うタイプが多い」と分析し、タイ料理とのペアリング提案に燃えながらのテイスティングを完全遂行。

評価方法

参加カテゴリーは、ワインを飲むシチュエーションとして想定した以下の3つ。
《ひとりでしみじみ》部門
《ふたりでしっとり》部門
《みんなでわいわい》部門

カテゴリー内での試飲順序は無作為。
試飲はブラインドで実施。最後まで銘柄名等はテイスターに明かさない。
ワインの採点は5段階。各カテゴリーにふさわしいかどうかが評価基準となる。
配点の心は次の通り。
「絶対に欲しい」=4点
「飲みたい」=3点
「買って飲んでもいい」=2点
「出されたら飲んでもいい」=1点
「飲みたくない」=0点

評価は、テイスター全員の点数の平均点によって決定する。
平均3点以上=金賞
平均2.5点以上〜3点未満=銀賞
平均2点以上〜2.5点以上未満=銅賞
2点未満=選外とする。
※抜栓後、問題があると判断したワインは、審査以前に司会進行が落選とする。
価格は消費税別で表示。



《ひとりでしみじみ》部門 金賞







01 イタショク
カンティーネ デ ルーカ
ドンナ カテリーナ チロ ロッソ
2014
[赤]

●生産国/地域:イタリア/カラブリア
●品種:ガリオッポ100%
●希望小売価格:1,400円

ギリシャより伝わる古代の栽培技術を研究し直し、カラブリアの地場品種を用いた造りに専念。昼と夜との激しい気温差によりブドウはゆっくり熟し、アルコールの高い長期熟成タイプの赤ワインを産み出している。

 熟したプラム、いちじくに加え、ミネラルや野菜の爽やかさも。奥ゆかしい香りと味わいで、ストレスなくゆっくり楽しめる。
稲生 熟したベリーやオレンジ、茶が香る。パワフルながら、酸とタンニンはほどよい。
櫻井 熟成感あるガーネット色で、口当たりまろやか。うな重をつついて飲みたい。
高橋 休日、遅く起きた昼にマルキ・ド・サド『ジュスティーヌ』を読みながら。









02 フィラディス
ファン・ヒル
クアトロ・メセス サクラ・ラベル
2015
[赤]

●生産国/地域:スペイン/フミーリャ
●品種:モナストレル100%
●希望小売価格:1,950円

乾燥が甚だしい大陸性気候のフミーリャにて、標高の高いエリアで最高品質のワインを手掛けるワイナリー。地場品種のモナストレルにこだわりあり。このワインは名の通り4カ月(クワトロ・メセス)の樽熟成を行う。

 甘草、バラ、プラムが香る。口当たりはスモーキーで、紅茶のニュアンスも。自分へのごほうびとして食事と合わせ堪能したい。
稲生 タンニンも酸もほどよく、ベリーやスパイス、ハーブのニュアンスあり。食後にじっくりジャズを聴きながら飲みたい。
櫻井 渋味と酸味のバランスがよく、おせちのように強く味付けした和食と合う。
高橋 花見のシメで、道明寺と一緒に。









03 岸本
レ・カルリーネ
ヴェルドゥッツォ
2015
[白]

●生産国/地域:イタリア/ヴェネト
●品種:ヴェルドゥッツォ100%
●希望小売価格:1,944円

甘口ワイン用としても有名な地場品種、ヴェルドゥッツォで造る辛口。造り手は、紀元前からワイン造りの歴史あるエリアでオーガニック栽培のヴィーガン・ワインを手掛ける。

 ファンキーな香りで、口に入った瞬間はじめる果実味が魅力的。大人な食事シーンでも、きちんとオーラを放ってくれる。
稲生 洋梨の甘味を感じる香り。酸は弱めで甘さが引き立つ。ワイワイなパーティもいいが、平日静かに疲れをいやしてもくれる。
櫻井 春らしい白。淡いレモンイエローで、フルーティな酸と旨みのバランスが秀逸。
高橋 口に入れたら、頭の中で「♪ブリザ~ド、ブリザ~ド」とユーミンの歌が。





この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
勝沼の甲州手積みしてこれでロゼワインつくろうぜ

果皮ごと絞ってみたけど白になっちまう

(中略)

I say だいたい適当でマセラシオンは

だいたい適当であざやかな

だいだい色でできたのはオレンジワイン