シャンパーニュは通常、品質を安定させるため、複数年のベースワインをブレンドする(つまりNV=ノン・ヴィンテージ)のがスタンダード。これに対して、「ミレジメ(Millesime)」は良質なブドウが収穫できた年に、その年のブドウだけでつくられる。石田博ソムリエと柳忠之記者によるヴィンテージ・シャンパーニュ27本のイッキ試飲評を前編で、「ミレジメ」の魅力について考察するおふたりの対談を後編でお楽しみください。

ヴィンテージの概況

2012
☆☆☆☆☆
7月から収穫期まで好天が続き、質的には素晴らしいものの、開花期の雨で収穫量は少ない。    

2009
☆☆☆☆
8月から暑く乾燥した日が収穫期まで続き、酸は低めだが熟度の高いブドウが収穫できた年。

2008
一貫して冷涼な年で酸が高い。その一方十分な熟度もあり、長期熟成のポテンシャルは高い。

2007
☆☆☆
春先暖かく、生育は早く進んだが、夏に雨が降り続き、平均的なヴィンテージ。

2006
☆☆☆☆
7月の暑さでブドウの熟度が上がった一方、酸の低い年。シャルドネよりピノ・ノワールが上質。

2005
☆☆☆
モンターニュ・ド・ランス南部で病害の大きかった年。コート・デ・ブランのシャルドネは素晴らしい。

2004
☆☆☆☆
収穫量の大きかった年。シャルドネは量質ともによく、ピノ・ノワールの質はやや劣る。

2003
☆☆☆
酷暑の年で酸は低い。霜害もあり収穫量は少ない。ミレジメを造ったメゾンは少数。

2002
☆☆☆☆☆
夏の天候は悪かったが、9月の晴天でブドウは熟した。夏の気温が低く、酸の高い年。



テイスターのご紹介

石田 博(いしだ・ひろし)

1969年東京生まれ。(社)⽇本ソムリエ協会副会⻑。甲子園を目指す高校球児だったけれど、体調を崩して野球をあきらめ、90年にホテルニューオータニに入社。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属され、ソムリエとしてのキャリアをスタート。00年世界最優秀ソムリエコンクール第3位。11年「現代の名工」に選出される。



柳 忠之(やなぎ・ただゆき)

1965年横浜生まれ。ワイン・ジャーナリスト。ワイン専門誌「ヴィノテーク」記者を経て、97年に独立。伝説の「BRUTUS」3号連続ワイン特集をはじめ、さまざまな情報誌、ライフスタイル誌に寄稿。安いのから高いのまで、大きなワイン愛で包み込む。ときどき、「割烹タダちゃん」を自宅で開店して料理の腕を磨く、DIYの人。





2012

01 ニコラ・マイヤール 
ブリュット・ミレジメ・プルミエ・クリュ 2012

石田 グレープフルーツ、コリアンダー、パンデピスが香る。還元的だが、それもひとつの個性となり上品にまとまっている。

 気泡が繊細。青りんごやはちみつのニュアンスがあり、酸がピュアでフレッシュ。



南アフリカやオレゴンで経験を積んだ現当主は、醸造所にソーラーパネル、グラビティ・システムを導入するなど革新的に動く。樹齢は平均30年以上と高め。

●輸入元:豊通食料 
●品種:ピノ・ノワール55%、シャルドネ45%
●希望小売価格:10,000円





02 ドラピエ 
ミレジム・エクセプション 2012

石田 マッシュルーム、ドライポルチーニ、胡桃の複雑な香りがすでに開いている。エアリーで丸みのある印象。

 やわらかな洋梨、はちみつの風味。酸はおだやかで、脂らしさを感じるほどふくよか。



1989年から完全無農薬の有機栽培。現当主に子供が産まれ、取り巻く環境の改善に目覚めたのがきっかけだ。銘柄によりドザージュなし、SO2無添加にも挑戦。

●輸入元:テラヴェール 
●品種:ピノ・ノワール65%、シャルドネ35%
●希望小売価格:9,800円





2009

03 ルイ・ロデレール
ブリュット・ヴィンテージ 2009

石田 調和がとれ、緻密で洗練されたスタイル。オートミールやマッシュルームが香り、旨みを感じる。

 濃いゴールド。トップノーズから酵母に由来するブリオッシュが香り、厚みあるストラクチャーを形成。



ロシア皇帝に愛されたクリスタルでおなじみのメゾン。使用するブドウの約75%は、200ha以上の所有畑から供給。年毎のリザーヴ・ワインも150樽と膨大な量。

●輸入元:エノテカ 
●品種:ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%
●希望小売価格:10,000円





04 テタンジェ 
ブリュット ミレジメ 2009

石田 トースト香や生アーモンドのニュアンス、旨みがある。伸びやかな酸が透明感につながる。還元的。

 パワーよりもエレガンスが持ち味で、フレッシュかつタイト。はちみつレモンが香り、酸はストレート。



経営権の譲渡が活発なシャンパーニュのなかで、創立以来オーナー一族が代々継ぐ数少ないメゾン。288haの自社畑に育つ上質なシャルドネが強みのひとつ。

●輸入元:サッポロビール 
●品種:シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%
●希望小売価格:10,000円





05 ジャカール 
ブラン・ド・ブラン 2009

石田 控えめでソフトな印象。トースト、マッシュルーム、ミルクコーヒーが香る。フレッシュな酸を持ちつつも、ふくよか。還元的。

 ハーブの風味。ミネラルと酸の豊かな味わいは、タイトながら軽やか。



1000以上の生産者を束ねる協同組合のため生産量と質が安定、多くのエアラインでも採用されるシャンパーニュを手掛けるメゾン。2009は特級畑産のみ使用。

●輸入元:国分グループ本社 
●品種:シャルドネ100%
●希望小売価格:10,000円





06 ニコラ・フィアット 
アンシャントメント スペシャルエディション 2009

石田 ノワゼット、カラメルクリーム、プラリネの香り。酸は控えめで熟成感があり、ふくよかでソフト。

 2009年にしては熟成が深まり、すでにモカが香る。泡立ちがやわらかく、酸とのバランスも良好な味わい。



1976年創立とシャンパーニュの世界では新興ながら、今や12年連続でフランス国内販売量でトップに君臨するメゾン。この2009ボトルは日本限定パッケージ。

●輸入元:日本酒類販売
●品種:ピノ・ノワール40%、ムニエ40%、シャルドネ20% ●希望小売価格:5,950円





07 フィリポナ 
ブラン・ド・ノワール・ブリュット 2009

石田 ドライフルーツ、スモーク、バニラの香り。豊潤な味わいながらも控えめで緻密な印象なのは、ほどよい酸が透明感を与えるから。

 りんごのコンポート、カスタードの風味あり。厚みあるストラクチャー。



16世紀前半からアイ村に住まい、1697年に会社を設立したフィリポナ家。このワインは全量の一部だけマロラクティック発酵、木樽熟成にしてバランスをとる。

●輸入元:富士インダストリーズ
●品種:ピノ・ノワール100%
●希望小売価格:10,000円





2008

08 ヴーヴ・クリコ
ヴーヴ・クリコ 2008

石田 余韻の長さが特徴的。ストレートな酸でタイトな印象ながら、トースティな風味が旨みとともに続く。

 レモンやはちみつ、またヨードっぽいニュアンスも。フレッシュでミネラルもあるがボディはしっかり。



1772年創立のメゾン。品質管理への情熱と商才にあふれたマダム・クリコの活躍は、もはやシャンパーニュ界の伝説。2008は全量の5%を木樽で醸造・熟成。

●輸入元:MHDモエ ヘネシーディアジオ 
●品種:ピノ・ノワール61%、ムニエ
●希望小売価格:9,200円





09 ポル・ロジェ 
ブリュット・ヴィンテージ 2008

石田 タイトで力強いヴォリューム感を見せる。オートミール、トースト、ドライポルチーニが香り、旨みもしっかり。

 色調はややグリーン。フレッシュ感を併せ持ちつつ、「ワインらしさ」にあふれた飲み口。



マロラクティック発酵は行い、地下深く室温9度に保たれたセラーで8年瓶内熟成。機械化が進むルミアージュ(動瓶)だが、ここでは職人が手作業で行う。

●輸入元:ジェロボーム
●品種:ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%
●希望小売価格:12,000円





10 ティエノ 
ミレジメ・ブリュット 2008

石田 トースト、スパイス、胡桃が最初から香る。酸に金属的なニュアンスがありつつ、クリーミーで旨みは強い。

 いい意味で中庸。フレッシュさ、果実感、ミネラル……すべてにおいて均整がとれている。



ブドウの仲買人から造り手への転身により、それまで培ってきた栽培農家との繋がりをフルに活かすメゾン。2008の瓶内熟成は約9年、ドザージュは8.5g/l。

●輸入元:ベリー・ブラザーズ・アンド・ラッド 
●品種:ピノ・ノワール50%、シャルドネ50%
●希望小売価格:8,500円





11 マム 
ミレジメ 2008

石田 石灰、ジロールのニュアンスを感じる。苦味が際立ち、ストレートに厳しさを感じる辛口。還元的。

 今まで飲んできたマムと比べると、よりキリッと引き締まったスタイル。ヨード香がして、タイト。



ドイツのマム家により1827年に創立されたメゾン。F1の公式シャンパーニュで、「勝者の~」「成功を祝う~」とめでたいイメージが先行するが、造りは真摯。

●輸入元:ペルノリカール・ジャパン 
●品種:ピノ・ノワール64%、シャルドネ36%
●希望小売価格:8,400円





12 ブルーノ・パイヤール 
エクストラ・ブリュット アッサンブラージュ 2008

石田 コーヒー、ヨード、トースト、ジンジャーブレッドが香る。ディテールがあり、洗練された深みを感じる。

 青りんご、スパイス、焦げ目が出る前のトーストが香り、酸はフレッシュ。バランス良好。



1981年創業の、辛口のみ手掛けるメゾン。三ツ星シェフのジョエル・ロブションがブラインド試飲で感動し、すぐメゾンを訪れて仕入れたことでも注目を集めた。

●輸入元:ミレジム
●品種:ピノ・ノワール42%、シャルドネ42%、ピノ・ムニエ16%
●希望小売価格:11,000円





13 ルグラ・エ・アス
ミレジム ブラン・ド・ブラン 2008

石田 ミラベル、ヨード、ドライフルーツ、ドライポルチーニが香る。酸味はストレートかつ金属的で、ドライ。還元的。

 メイラード反応によるモカ・フレーバーが嗅ぎとれる。フィニッシュは甘やか。



もともと栽培や造りに携わっていたブリジット・アスとフランソワ・レグラが1991年に創業したメゾン。すべてテット・ド・キュヴェ(一番搾り)のみ使用する。

●輸入元:ヴィノラム
●品種:シャルドネ
●希望小売価格:10,000円





14 アンドレ・クルエ 
MILLESIME 2008

石田 ココア、ドライポルチーニ、ミラベルが香る。やや還元的だが、複雑味、しっかりとしたヴォリューム感あり。

 フレッシュな酸が高く、歯茎にまとわりつくよう。香りが広がるまで、時間をかけたい。



先祖がナポレオンの側近で、ナポレオンより譲られた土地で栽培やワイン造りを始めたとの逸話を持つメゾン。ラベルに記載はないが、ブドウはすべて特級畑。

●輸入元:ヴィントナーズ
●品種:ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%
●希望小売価格:12,000円





15 パイパー・エドシック 
ブリュット ヴィンテージ 2008

石田 トースト、火薬、エスプレッソが香る。ドライな酸が際立ち、旨みあり。

 濃い色調。モカのようなカフェやトーストが香る。口当たりがクリーミーで、酸とほかの要素とのバランスがうまくとれている。



カンヌ国際映画祭の公式シャンパーニュで、映画やファッションとのコラボでも話題性の高いメゾン。2008年は、コート・デ・ブランのシャルドネ比率が高め。

●輸入元:日本リカー
●品種:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
●希望小売価格:7,380円





16 モエ・エ・シャンドン 
グラン ヴィンテージ 2008

石田 奥行きありテンションが高い。トースト、生アーモンド、紅茶、ヨードの香りが調和。酸は緻密で豊潤なスタイル。

 マルメロ、ほのかにトーストが香る。酸は高いが、ふくよかでバランス良。万能選手。



1743年創業、年間200万ケース以上を販売し世界売上No.1を誇るメゾン。ヴィンテージものとしては72番目となる2008は7年間セラー熟成、ドザージュ5g/l。

●輸入元:MHDモエ ヘネシーディアジオ
●品種:ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
●希望小売価格:8,950円





2007

17 アヤラ 
ブリュット・ミレジメ 2007

石田 全体にクリーンでフレッシュ。モカ、ミラベル、ジロールが香り、酸が軽やかで調和がとれている。還元的。

 濃い黄金色。シャンピニヨン、モカが香る。ヴィンテージに対し、熟成の進行が早い様子。



最良のピノ・ノワール産地、モンターニュ・ド・ランスのアイ村に拠点を構えるメゾン。当然2007年も近隣のピノ・ノワールをメインに使用。ドザージュは6g/l。

●輸入元:アルカン
●品種:ピノ・ノワール20%、シャルドネ80%
●希望小売価格:6,000円





18 ビルカール・サルモン 
ヴィンテージ 2007

石田 オートミール、モカ、金属的な香りがバランスよく広がる。酸と苦味が際立つが、エアリーでふくよか。還元的。

 泡立ちがクリーミー。アタックが強く、深みはほどほど。トーストやブリオッシュが香る。



メゾンの規模に対して生産量は年間約15万ケースと少なめに抑え、NVからすべてブルゴーニュの小樽熟成。ヴィンテージのドザージュはエクストラ・ブリュット。

●輸入元:JALUX
●品種:ピノ・ノワール、シャルドネ
●希望小売価格:12,000円





19 ボワゼル
シャンパーニュ グランド ヴィンテージ 2007

石田 全体に軽めのトーンで展開しながら、複雑さはきちんとあり、甘味と旨みの調和もとれている。

 かなり濃い黄金色。トーストの香りがして、酸の印象も強い。奥行き感よりも複雑味で個性を見せている。



シャンパーニュに生まれ育った夫婦が1834年に創業、5世代に渡り受け継がれてきたメゾン。2007は、マロラクティック発酵を行い、全量の3%を小樽熟成。

●輸入元:ピーロート・ジャパン
●品種:ピノ・ノワール50%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ10% 
●希望小売価格:9,812円





20 ドゥラモット 
 ブラン・ド・ブラン 2007

石田 トーンは軽め。シフォンケーキ、ドライフルーツ、カスタードクリーム、ノワゼットが香る。舌触りはクリーミー。

 線は細いが、後を引く味。ピュアでフレッシュな酸味があり、まだ若さが感じられる。



最高級&最高額シャンパーニュのひとつである「サロン」と同じ畑のブドウを使用するメゾン。こちらはサロンと同じブラン・ド・ブランで、瓶内熟成4年以上。

●輸入元:ラック・コーポレーション
●品種:シャルドネ100%
●希望小売価格:10,000円





21 ボランジェ 
ラ・グランダネ 2007

石田 オードヴィ、ヨード、カスタード、ライブレッドが豊かに香る。クリーミーで厚みがあり、力強い。

 朝のブーランジェリーに入店したかのよう。ナッツ、アーモンドも複雑に香り、ストラクチャーあり。



英国王室御用達のメゾン。「偉大な年(グランダネ)」とのネーミングは1976年から、「これぞ偉大な年(“ラ”・グランダネ)」は1997年から使われるように。

●輸入元:アルカン
●品種:ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%
●希望小売価格:15,000円





2006

22 デュヴァル=ルロワ
 ミレジム・プレスティージュ・ブランド・ブラン グラン・クリュ・ブリュット 2006

石田 テンションが高く、凝縮感とヴォリューム感あり。セップやオートミールが香り、味わいは厳しく力強い。

 ビッグでおおらかなスタイル。バター的な風味を持ちながら、酸はきちんと引き締まっている。



シャンパーニュでいち早く有機認証を受けた畑を所有するメゾンで、オーナーもシェフ・ド・カーヴも女性。2006は全体量の4%が樽熟成、ドザージュは3.6g/l。

●輸入元:ヴィレッジ・セラーズ
●品種:シャルドネ100%
●希望小売価格:11,500円





23 ゴッセ
 グラン ミレジム ブリュット 2006

石田 ミラベルからノワゼットまで香り、表情の豊かさが伺える。酸はフレッシュで、舌触りはクリーミー。

 りんごのコンポート、焼き菓子、また熟成感からくるモカの香りも嗅ぎとれる。味わいはふくよか。



リンゴ酸を高く保つためマロラクティック発酵はしない。「NVでも熟成可能」とのポリシーの下、長期瓶内熟成を心がけるメゾン。2006年は84カ月瓶内熟成。

●輸入元:テラヴェール
●品種:ピノ・ノワール56%、シャルドネ44%
●希望小売価格:12,000円





24 アンリオ
 ブリュット ミレジメ 2006

石田 トースト、ローストアーモンドが香る。酸と苦味が際立つものの泡はクリーミーで調和がとれ、洗練されたスタイルに。

 フレッシュ感と、核のある果実に似たまろやかさとが、いいバランス。還元的。



コート・デ・ブラン地区の特級畑産をメインとしたシャルドネの使用比率が高いメゾン。2006は、すべてのブドウが6つの特級畑で収穫。瓶内熟成は8年。

●輸入元:ファインズ
●品種:ピノ・ノワール、シャルドネ
●希望小売価格:10,000円





2005

25 ランソン
 ゴールドラベル・ヴィンテージ・ブリュット 2005

石田 トースト、ライブレッド、ドライフルーツ、オードヴィが複雑に香る。酸はストレートで、味わいは緻密かつなめらか。

 トースト、モカ、少しヨードも香る。熟成感、酸のバランスもよくクリーミー。



特級格付けの村8カ所からブドウを調達。発酵はステンレスタンクを使用し、マロラクティック発酵は行わない。セラーでの瓶内熟成は最低5年以上。

●輸入元:アサヒビール
●品種:ピノ・ノワール51%、シャルドネ49%
●希望小売価格:8,610円





26 シャルル・エドシック 
 ブリュット ヴィンテージ 2005

石田 マッシュルーム、トースト、ライブレッド、モカが香る。凝縮感がありテンションも高いが、味の各要素がシームレスに続き、きめ細やか。

 トースト、モカ、ブリオッシュの香りあり。旨み成分が凝縮。



創業者は「シャンパン・チャーリー」として有名。1859年のボルドー万国博覧会での金賞受賞をきっかけに、イギリスほか各国の王室御用達となった歴史あり。

●輸入元:日本リカー
●品種:ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%
●希望小売価格:12,000円





2004

27 アルフレッド・グラシアン
 ブリュット・ミレジメ 2004

石田 ミラベル、オードヴィ、サンダルウッド、カマンベール、モカ、石灰が豊かに香る。味はキメ細やかでスパイシー。

 まだグリーンが残る黄金色。樹脂、ハーブ、少しシャンピニヨンも香る。キレのいい味。



シャブリで3~4年使用した樽を買い付け、すべてのシャンパーニュの醸造・発酵を樽で行う稀有なメゾン。1905年から現在まで、シェフ・ド・カーヴも代々世襲。

●輸入元:nakato
●品種::ピノ・ノワール25%、シャルドネ64%、ピノ・ムニエ11%
●希望小売価格:16,000円



以下、後編の石田博 vs 柳忠之「ミレジメ」考対談編に続く。近日公開!

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
新学期スタートダッシュ驀進号!
新しい年はボルドーワインから始めましょう。
五大シャトー、言えますか?
答はマルゴー、ムートン、ラフィット、ラトゥール、オー・ブリオンです。言えたら、なんかいいことあるんけ? 口に出すと口福でいっぱいになりそうなの〜〜。
探偵は狸小路にいる? 小特集の「札幌ワインdeはしご酒」にも注目。
ひとり酒場で呑む酒は、呑みすぎに注意してください。