ナパヴァレー・ヴィントナーズが2017 年10 月1 日(日)から11 月30 日(木)までの2 か月間にわたって、実施した「ナパヴァレー バイザグラスフェア 2017」。その表彰式が2月27日(火)、東京、丸の内ビルディングの「BREEZE OF TOKYO」にて開催された。

受賞店舗の代表者たちと、ナパヴァレー・ヴィントナーズの駐日代表の皆さん。アメリカ大使館 農産貿易事務所(ATO)の所長、モーガン・パーキンズ氏を中心に

ナパワインに強い! 9店舗+7店舗が登場

ナパヴァレーのワイン生産者の協会、ナパヴァレー・ヴィントナーズは、2017年10月1日(日)から11月30日(木)までの2カ月間にわたって、全国で実施した「ナパヴァレー バイザグラスフェア 2017」の優秀店の表彰式を開催した。今回のフェアには全国52店舗が参加。受賞した10店舗は、9月15日から11月30日までの集計で、合計12,043本のナパヴァレーのワインを仕入れたという。フェア開催中の10月に発生した火災からの復興支援もあって、今回は本数が伸びた。

フェアの内容は、参加店が、ナパヴァレーのワインをグラスで提供し、対象期間中に仕入れたナパヴァレーのワインの本数を競う、というもの。レストラン・バー部門と、ホテル部門の2部門があり、さらに小カテゴリーが部門内にある。賞を受賞した10店舗は、6月に開催される、ナパヴァレーでの研修ツアーに招待される。今回の受賞店は以下のとおり。カッコ内が仕入れ本数。

レストラン・バー部門
売上本数最多賞カテゴリー
ルースクリスステーキハウス(2,767本)
ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店(2,358本)

1席あたりの本数最多賞
エド・パーラー(1席あたり72本)

初参加優秀賞
グランドセントラル オイスターバー&レストラン(750本)

日本料理優秀賞
美味旬菜みずどり。(188本)

鉄板焼き料理優秀賞
喜扇亭 東京ミッドタウン店 (221本)

関東以外地域優秀賞
ウルフギャング・ステーキハウス 大阪店(968本)

ホテル部門
売上本数最多グループ賞
グランド ハイアット 東京 / オークドア(2,284本)

レストラン・バー部門/ホテル部門 共通
ベストキャンペーン賞
赤坂あじる亭カリフォルニア

以上9店舗合計で仕入れ本数は、10,450本だった。

ベストキャンペーン賞の赤坂あじる亭カリフォルニアの販促資材

ナパヴァレー・ヴィントナーズ駐日代表がオススメする、ナパヴァレーのワインにあうおつまみ、Napa Wine Spread

また、この9店舗のほか、フェア参加店舗で300本以上の仕入れをした店舗7店舗を対象に、抽選で、1店舗を選ぶ、ワイルドカード賞の抽選も行われた。

対象となった店舗は
ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店
パーク ハイアット 東京 ニューヨーク グリル&バー
東京アメリカンクラブ
ウルフギャング・ステーキハウス 福岡店
ワッシーズ・ダイニング・スープル
ルビージャックスステーキハウスアンドバー
YAKITORI 燃

この7店舗の対象期間中の仕入れ本数は、合計6,630本。抽選はアメリカ大使館 農産貿易事務所(ATO)の所長、モーガン・パーキンズ氏によってなされて、パーク ハイアット 東京 ニューヨーク グリル&バーが受賞した。

先の9店舗に、パーク ハイアット 東京 ニューヨーク グリル&バーを加えた、合計の仕入れ本数は12,043本!


ナパヴァレー・ヴィントナーズの公式ページはこちら
https://napawine.jp/

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
「なんでこんなにうまいんだ!」


「フランスやイタリアの真似をして、たんにコピーをつくったところで尊敬は得られない。自然とどう関わるか」


「ワインも生きている。ブドウも土も、どれも」


「大事なのはひとの問題なんです」


「マニフィーク」



日本のワイン界のレジェンド、麻井宇介と彼の意志を継いだ若者たちの物語
10月20日公開 映画「ウスケボーイズ」より