国際ホテルジャーナリストによるワインの都ボルドー視察の旅。第1回は、パラスの格付けをもつホテル「レゼルヴ」のオーナー、ミシェル・レィビエ氏が所有するシャトー、第二級にして、一級に並ぶ高評価を受けているスーパーセカンド「シャトー・コス・デストゥルネル」。

Château Cos d’Estournel 〜Saint-Estèphe〜

サンテステフを代表するシャトー・コス・デストゥルネル「Château Cos d‘Estournel」は、メドックで極めて異彩を放つ存在である。

城郭様式の華麗なシャトーが集まっているメドック地区の中で、この醸造所だけは東洋風のパゴダのような外観を持つ。


東洋風のパゴダのような外観を持つ

サンテステフ異彩の雄


サンテステフを代表する「シャトー・コス・デストゥルネル」は、メドックで極めて異彩を放つ存在である。

城郭様式の華麗なシャトーが集まっているメドック地区の中で、この醸造所だけは東洋風のパゴダのような外観を持ち、ポイヤックとの村境に接する著名な隣人ラフィット・ロートシルトを見下ろす丘の背にある。

この地所は、その名を古いガスコーニュ人の言葉「コス」から取られ、この地域の18世紀の地図に見られる“砂利の斜面”という意味がある。名前のもう半分はシャトーの初代オーナーであるルイ・ガスパール・デストゥルネルに由来したものだ。

彼はインドでワインビジネスを手掛け、インドを旅した時に影響された「象」をモチーフにしている。

コスはメドック産にしては珍しく、ブレンドに使うメルローの比率が高いこと、新樽を使う比率が高いことでほかと一線を画している。このメルローの比率はオー・メドックでは最も高い部類に入ると言える。コスは常に 1級シャトーに肩を並べるほどの品質を維持し、セカンドラベルの「レ・パゴド・ド・コス」と共に高く評価されている。

現オーナーはワイン界の重鎮、ミシェル・レィビエ氏。彼はパリの高級住宅街にピエール・カルダンの邸宅をホテルに改修した「レゼルヴ」を所有。今パリで話題の高級ホテルで、フランス最高の格付け「パラス」を獲得 し、パリのエスプリが凝縮したリュクスなホテルだ。

そして、そこにも可愛らしい象のモチーフがふんだんに使われている。



初代オーナーがインドを旅した時に影響された「象」をモチーフにしている。

年代物の貴重なワインが保存された展示室。

シャトー訪問者を意識したと思われる近未来的な造りの貯蔵庫。

広い面積を確保したゴージャスな「Château Cos d‘Estournel」の応接室。

2008 Château Cos d‘Estournel と2011 Les Pagodes de Cos のテイスティング。

応接室の一角に試飲コーナーがあり、醸造所チーフとPR担当者とワイン談義。

この記事を書いた人

小原康裕
小原康裕
国際ホテルジャーナリスト

慶応義塾大学法学部法律学科卒。1974 年Munich Re 入社。

2001 年投資顧問会社原健設立、代表取締役CEO。

JHRCA、日本ホテルレストランコンサルタント協会理事。

www.jhrca.com/worldhotel

https://www.facebook.com/yasuhiro.obara.16

現在、筆者のホームページで「世界のリーディングホテル」を連載中。多くの美しい写真と興味深いコメントで、世界中のホテルとそれら関連都市を紹介。