国際ホテルジャーナリストによるワインの都ボルドー視察の旅。第4回は、シャトー・ラフィット・ロートシルト。

 

Château Lafite Rothschild 〜Pauillac〜

「Château Lafite Rothschild」の威厳ある正門。「ラフィット」という名称は、古いガスコーニュ語でポイヤック村の“小高いところ” を意味する“ラ・イット”「La Hite」に由来する。

建築家リカルド・ボフィルの設計による世界初の円形樽ストック。


“王のワイン” ラフィット

ロスチャイルド家の5本の矢


「ラフィット」という名称は、古いガスコーニュ語でポイヤック村の“小高いところ”を意味する“ラ・イット(La Hite)”に由来する。銘醸ワインの造り手としての評価が高まるのは、17世紀にセギュール家によってブドウ畑が整備されてからだ。後継者のニコラ・アレキサンドル・ド・セギュールによって、ラフィットとラトゥールの領地は統合され、偉大なワイン造りの歴史が開かれた。

現在のラフィット・ロートシルトの運営主体はDBR「ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト」の名の企業体で、デュアール・ミロンやシャトー・リューセックも傘下に収めている。

見所のひとつに建築家リカルド・ボフィルの設計による円形の地下育成庫がある。天井ヴォールト部分は16本の柱で支えられ荘厳で広々とした空間が広がり、2,200樽の収容能力を誇る、世界初の円形樽ストックだ。

ロスチャイルド家の紋章は“ロスチャイルド家の5本の矢”と呼ばれ、ロスチャイルド家の祖であるマイアー・ロスチャイルドの5人の家系を象徴した5本の矢が、ひとつに束ねられた図が描かれている。それぞれの息子たちは欧州の5都市に配置され、銀行業などで事業を拡大させていく。

その後、ロンドンの三男ネイサンはムートンと関りを持ち、パリの五男ジェームズは、1868年に競売に掛けられたシャトー・ラフィットを手に入れ、新たな所有者となる。ラフィットは“王のワイン”という名声を得、今日のメドックを代表する隆盛はご存知の通りである。



収穫担当チームと収穫直前のブドウ畑の状況を視察して歩く。

インスペクション前に醸造担当チーフより説明を受ける。

シャトー創成期の雰囲気を大切に保存している回廊。

古色蒼然としたボトルが並ぶ階段。

“王のワイン”を荘厳な円形の地下育成庫でテイスティング。

ロスチャイルド家の紋章。

2007 Château Lafite Rothschild と2011 Carruades de Lafite

この記事を書いた人

小原康裕
小原康裕
国際ホテルジャーナリスト

慶応義塾大学法学部法律学科卒。1974 年Munich Re 入社。

2001 年投資顧問会社原健設立、代表取締役CEO。

JHRCA、日本ホテルレストランコンサルタント協会理事。

www.jhrca.com/worldhotel

https://www.facebook.com/yasuhiro.obara.16

現在、筆者のホームページで「世界のリーディングホテル」を連載中。多くの美しい写真と興味深いコメントで、世界中のホテルとそれら関連都市を紹介。