マダム・クリコによって初のブレンド法を用いたロゼ・シャンパーニュが1818年に誕生して200年。これを記念して、「ヴーヴ・クリコ ローズラベル 200th アニバーサリーショップ」が伊勢丹新宿店 本館1階=ザ・ステージにて、4月11日(水)~4月17日(火)、期間限定オープンする。以下はそのプレスリリースの要約です。



『colorama(カララマ)』

〜驚きと新鮮さのある、彩り豊かな人生を〜

伝統と最高級のクオリティを保ちながら、大胆さと革新的な感性で人々を魅了するヴーヴ・クリコ。

今から200年前、マダム・クリコは当時のロゼ シャンパーニュの製造法を一新し、革新を成し遂げます。

ヴーヴ・クリコの数あるシャンパーニュの中でも、赤銅色の色彩から立ち上るレッドフルーツのアロマが魅惑的な煌めきを放つ「ローズラベル」は、偉大なる女性マダム・クリコの独創的で大胆なアイデアを象徴しています。

伊勢丹新宿店 本館1階=ザ・ステージにて期間限定オープンする「ヴーヴ・クリコ ローズラベル 200th アニバーサリーショップ」のコンセプトは、『colorama(カララマ)』。この単語、辞書を引いても出てこないけれど、おそらくcolour(色)とpanorama(パノラマ)をくっつけた造語であると思われます。

と、思っていたらヴーヴ・クリコのホームページには以下のような説明がありました。

「ブレンド法」による新しいロゼ シャンパーニュが誕生してから200年。ワインをブレンドすることによって、まるでアーティストが色を混ぜるかのごとく、色鮮やかなロゼ シャンパーニュが生まれました。『colorama(カララマ)』はそんな「色」から着想を得た“驚きと新鮮さのある、彩り豊かな人生を”というコンセプトを表現したテーマです。

「私たちのワインは味覚だけでなく視覚も楽しませるものでなければならない」というマダム・クリコが残した言葉からも、ヴーヴ・クリコというブランドにとって、「色」はとても大切な要素だそうで、アニバーサリーショップで販売されるスペシャルデザインパッケージ、「ローズラベル ペイントチューブ」にはそんな思いが込められているのであった。


ヴーヴ・クリコ ローズラベル ペイントチューブ
希望小売価格: 8,500円(税別)
店頭発売開始日: 2018年4月11日(水)
仕様:
・ ヴーヴ・クリコ ローズラベル 750mLボトル
・ ペイントチューブ スペシャルデザインパッケージ
メタル製(外装)/約2時間の保冷機能

名称が示すごとく、ポップな絵の具のチューブを模していて、手にした瞬間、思わず驚きと嬉しさ、楽しさが溢れるユニークな商品に仕上がっているそうである。うららかな春に向け、ピクニックなどで嬉しい保冷機能もついている。

「ヴーヴ・クリコ ローズラベル 200th アニバーサリーショップ」で、この「ローズラベル ペイントチューブ」を購入したひとにはスペシャルなギフトが用意されている。

その1は、ここでしか手に入らないヴーヴ・クリコ オリジナルトートバックを先着200名様に。

その2は、イラストレーター オカダミカさんが描く『世界で一つだけの特製ポートレート』を、4月11日(水)・13日(金)・14日(土)・15日(日)の4日間、「ローズラベル ペイントチューブ」を2本以上購入したひと、各日限定10名様に。

これをお読みになったあなた、今すぐに伊勢丹新宿店に! ヴーヴ・クリコの織り成す革新的で大胆な世界を、ぜひご堪能ください。

ヴーヴ・クリコ ローズラベル 200th アニバーサリーショップ

期間 : 2018年4月11日(水)~4月17日(火)
会場 : 伊勢丹新宿店 本館1階=ザ・ステージ
特設サイト : www.veuveclicquot.com/ja-jp/ROSE200th-anniversary
特別イベント :
その1 ヴーヴ・クリコ トートバッグ ギフティング
開催期間中にヴーヴ・クリコ ローズラベル ペイントチューブを1本以上ご購入の方、先着200名様へプレゼント。
その2 ヴーヴ・クリコ ポートレートギフト
開催期間中の各日、ヴーヴ・クリコ ローズラベル ペイントチューブを2本以上ご購入の方、先着10名様にイラストレーター オカダミカさんが描くオリジナルポートレートを制作・プレゼント。
開催日: 4月11日(水)・13日(金)14日(土)・15日(日)
イラストレーション: 受付時間 10:30-19:00 実演時間 13:30-19:30
※ 上記特典2の対象者は、1か2のいずれかの特典をお選びいただきます。
※ ポートレートギフトの対象はご購入者様ご本人のみとなります。
ヴーヴ・クリコ 限定トートバッグ(縦19cm×横22cm、A4サイズが楽々入るサイズ。画像は特設サイトでご確認ください)





オカダミカ
京都精華大学美術学部洋画専攻卒業。イラストレーション青山塾修了。村上龍原作「ダメな女」の装丁イラストレーションでデビュー。国内外を問わず、装丁、雑誌、アパレルとのコラボレーション等、多方面でコマーシャルワークを行う。近年では、NHK中国語講座オープニング&セット用絵画、伊勢丹新宿本店インポートブランドフロア(3F)のDigital Art Frame、青参道アートフェアにおけるUnited nude本店ディスプレイ、VOGUE JAPAN FASHION‘S NIGHT OUTイベントでのMaxMaraイラストサービス等、活躍の幅を広げている。

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
勝沼の甲州手積みしてこれでロゼワインつくろうぜ

果皮ごと絞ってみたけど白になっちまう

(中略)

I say だいたい適当でマセラシオンは

だいたい適当であざやかな

だいだい色でできたのはオレンジワイン