公明正大! ニッポンを代表するソムリエとワインジャーナリストによる新作ワイン格付け。神の舌と豊富な経験を持つゴールデン・コンビが、2018年4月までに発売された新商品をブラインド・テイスティングしました。20点満点で、価格まで考慮した絶対評価。今回はかなり高い17.5点が1本出ました!
WINE-WHAT!?がおくるワイン版New World Orderをお楽しみください。

 
   

テイスティング評価方法

試飲は、品種・ヴィンティージ・希望小売価格のみ開示して実施。
評点は価格込みの絶対評価とした。
満点は20点とし、採点は以下を基準としている。0.5点刻み。
18.5〜20.0点 例外的によい(まだ出たことがない)
17.0〜18.0点 すごく優れている
15.5〜16.5点 オススメできる
14.5〜15.0点 好評価
14.0点以下 もうちょっと頑張って欲しい
 特にバリュー感があるワイン
 特徴ある愛すべきワイン
◎ フードフレンドリーなワイン

テイスターのご紹介

石田 博(いしだ・ひろし)

1969年東京生まれ。(社)⽇本ソムリエ協会副会⻑。90年にホテルニューオータニに入社。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属され、ソムリエとしてのキャリアをスタート。00年世界最優秀ソムリエコンクール第3位に輝く。11年「現代の名工」に。16年第15回世界最優秀ソムリエコンクールに再挑戦、セミファイナリストに。同年6月レストラン ローブを開業。



柳 忠之(やなぎ・ただゆき)

1965年横浜生まれ。ワイン・ジャーナリスト。ワイン専門誌「ヴィノテーク」記者を経て、97年に独立。専門誌からライフスタイル誌まで幅広く寄稿。安いのから高いのまで、大きなワイン愛で包み込む。著書に『名ソムリエの、おうちワイン―毎日飲める、とっておき。』(朝日新聞社)、石田博ソムリエとの共著『お値打ちワイン301本』(講談社)などがある。





今回の最高評価の部



17.5点 (柳)

01
エクスペリエンス
カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー
2013 [赤]

輸入元:中川ワイン 
生産国/地域:アメリカ/ナパ・ヴァレー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン88%、マルベック12%
希望小売価格:4,700円



トラヴィスとキャサリンのヴェイル夫妻が2009年から醸造開始。この2013年ヴィンテージはオーク・ノールの自社畑のブドウに、カリストガとハウエル・マウンテンのブドウをブレンド。仏産樽と米産樽で17ヶ月熟成。

【石田】 凝縮感に富み、芳醇な味わい。洗練されたスタイル。滑らかな口当たりで芳醇な果実味。奥行きの感じられる味わい。酸とタンニンがしっかりと骨格をつくり、バランスがとれている。

【柳】 色調は濃いめのガーネット。ベルーベリーやブラックベリーなど、完熟した黒い果実のアロマにブラックチョコレートやカカオの香ばしさ。果実味たっぷりで濃厚ながら、緻密な構成でエレガント。タンニンは果実味の中に溶け込んでいて、収斂味は感じられない。





この記事を書いた人

忠之柳
忠之柳
1965年横浜生まれ。ワイン・ジャーナリスト。ワイン専門誌記者を経て、97年に独立。専門誌からライフスタイル誌まで、安いのから高いのまで、大きなワイン愛で包み込む。