シャンパーニュに求める要素。きらびやかさ、鮮烈な個性、それとも希少性?
いやいや、優美な繊細さに勝るものがあるだろうか?
ならば、今知るべきは「シャンパーニュコレ」の哲学だ。
olivier charriaud champagne collet

オリヴィエ・シャリオー|Olivier Charriaud
「シャンパーニュ コレ」のManaging Director。マーケティングやブランドマネージメントに精通し、ヴーヴ・クリコ、レミーコアントローなどでも活躍した経歴をもつ。2011年より現職。フランス国内のマーケットを中心としていたコレを国際的ブランドへと躍進させ、2015年9月から、日本でもブランドをローンチ。輸入元Traders Marketとともに、日本をコレにとってアジア最大のマーケットへと急成長させた。

シャンパーニュを守り、その真価を問う

気鋭の小規模生産者から大手まで、多彩なアイテムが手に入る日本の恵まれたシャンパーニュ事情。そんな今、あえて問いたいのが、「真のシャンパーニュ・ラヴァーが求める味わい」。

「シャンパーニュコレ」は、キャッチーさをウリにした派手なブランドではない。2015年日本初登場と新顔ながら、着々とファンを獲得し続けている。来日したManaging Director のオリヴィエ・シャリオー氏にその哲学を聞いた。

「私たちの誓い。それは、革命的精神をもってアイデンティティを守り、後世に伝えることです」

遡ること1910年代、フィロキセラの蔓延によって収穫量が激減したことに加え、交通網の発達により輸送がスムーズになったことが相乗し、同地のブドウを使用していない偽りのシャンパーニュが横行。その潮流に異議を唱え、良心を貫くために生産者たちが立ち上がり、1921年に誕生したのが、「コレ」のブランドでシャンパーニュを世に送り出す、シャンパーニュ初の協同組合「コジェヴィ」だ。

最大の強みは、ほぼ全アペラシオンからブドウを集められる圧倒的な網羅力に、豊富な選択肢を巧みにブレンドして幅広いラ インナップをリリースできる層の厚さ。さらに、奥ゆかしく楚々としたエレガントな味わいだ。


シャンパーニュ コレ|Champagne Collet
シャンパーニュの土地、品質、ノウハウを守り、継承してゆくべく、生産者たちが結成した団体「コジェヴィ(COGEVI)」。現在、156 の村、770ha の畑を傘下に治める「コジェヴィ」のなかで、グラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウを使用するプレミアム シャンパーニュブランドが「コレ(COLLET)」だ。年間53 万本を出荷し、その半数強をフランス国外のマーケットに輸出している。写真の4 種類のほかにも、「エクストラ・ブリュット」、「ブラン・ド・ブラン」、デザートシャンパーニュの「ロゼ・ドライ」、そして良好な年にのみ、少量生産されるヴィンテージ・シャンパーニュとコレクション・プリヴェをラインナップする。本部はアイ村にあり、コジェヴィとコレの歴史を紹介するシャンパーニュの博物館、「La Cité du Champagne Collet -Cogevi」を併設。1985 年からミス・フランスのオフィシャル シャンパーニュでもある

シャンパーニュ コレ

写真右から
シャンパーニュコレ アール・デコ
コレの中核を担いブランドイメージを牽引するシャンパーニュ。第一次世界大戦後、技術、芸術、風俗が、爆発的に花ひらき、またシャンパーニュの知名度が世界的に高まった、フランスの1920 年代に誕生したブランドとして、同時代を代表する様式「アール・デコ」の名を冠する。現在、全日空ビジネスクラスのシャンパーニュに指定されている
●品種:シャルドネ40%、ピノ・ノワール40% 、ピノ・ムニエ20% ●ドサージュ:9g / L ●熟成期間:4 年●希望小売価格:12,000 円
シャンパーニュコレ エスプリ・クチュール
ブランドの頂点に君臨し、コレの考える理想のシャンパーニュとして、徹底的に品質を追求したノンヴィンテージシャンパーニュ。ディナーでは、デカンタージュして赤身の肉料理にあわせる、という楽しみ方もなされる。ソムリエ アンドレアス・ラールソンは92 点の高評価を与えている
●品種:シャルドネ40%、ピノ・ノワール50%、 ピノ・ムニエ10% ●ドサージュ:7.5g/L ●熟成期間7 年●希望小売価格:50,000 円
シャンパーニュコレ ロゼ
「アール・デコ」とともにブランドを牽引するロゼ・シャンパーニュ
●品種:シャルドネ40%、ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ10% ●ドサージュ:10g/L ●熟成期間4 年●希望小売価格:13,200 円
シャンパーニュコレ ブリュット
アペリティフに適したシャンパーニュ。2017 年、サンフランシスコ インターナショナル ワイン コンペティションではダブルゴールドを獲得している。 全日空空港ラウンジシャンパーニュの実績あり
●品種:シャルドネ25-30% ピノ・ノワール15-20% ピノ・ムニエ50% ●ドサージュ:10g/L ●熟成期間3 年●希望小売価格: 7,000 円


「シャンパーニュとは、人生をいかに楽しむかを象徴するアイコン。日常の喜びの瞬間に寄り添うお酒なのです」。大切なのはそ の瞬間をともにする相手との幸せな時間。引き立て役に徹するしなやかな存在感が身上だ。「日本の方は、繊細な味覚と審美眼を持ち、他国文化に敬意を払う精神がある。だから、私たちのスピリットを理解していただけると確信しています」。

急速に経験値を上げ、成熟期を迎えた日本のシャンパーニュ市場。強烈な主張ではなく特別なシーンの引き立て役に徹することができる、たぐいまれな品格をぜひ体感して欲しい。

「美食のシャンパーニュ」として、コレは毎年、料理本を出版したシェフに賞をあたえる『コレ賞』をフランスで開催している。2018 年2 月、日本においては第1 回「日本コレ賞 JAPAN COLLET AWARD」を発表。日本各地で開催した特別ディナー会で提供された料理の中から地域の食材を生かしたユニークな料理を生み出したシェフに賞を贈った。記念すべき第1回のグランプリに輝いたのはANA クラウンプラザホテル福岡のヴァンソン・ガドー シェフ。グランプリの副賞として、フランス アイ村への招待とエスプリ・クチュールが授与された。優秀賞は医学会キッチン オーソモレキュラー 大捕 智之シェフ、ホテルメトロポリタン仙台 レストラン セレニティ旬菜 小畑 圭介シェフが受賞した

シャンパーニュ コレのお問い合わせ先
株式会社Traders Market
電話|03-5575-2207
URL|http://collet.tr-market.jp/

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
「なんでこんなにうまいんだ!」


「フランスやイタリアの真似をして、たんにコピーをつくったところで尊敬は得られない。自然とどう関わるか」


「ワインも生きている。ブドウも土も、どれも」


「大事なのはひとの問題なんです」


「マニフィーク」



日本のワイン界のレジェンド、麻井宇介と彼の意志を継いだ若者たちの物語
10月20日公開 映画「ウスケボーイズ」より