アルゼンチンのワイン? パワフル過ぎて日本料理にはちょっと……。そう思ってらっしゃるとしたら、あまりにもったいない!

都内にある和食の実力店2軒にマリアージュの試作をお願いした。こちらの2店舗とも4月10日より期間限定で、「ミッシェル・トリノ クマ オーガニック」をオンメニューしているので、ぜひ体験してみてください。

「和の旬 輝咲」 × クマ トロンテス


ミシェル・トリノ クマ “オーガニック” シリーズ トロンテス
●生産国:アルゼンチン ●品種:トロンテス100%

たけのこ木の芽和えと田楽 1,200円
春の素材特有の香り高さとえぐみ、味噌の甘味とやわらかなワインの果実味が寄り添う。

東京ミッドタウン日比谷や東急プラザ銀座などの再開発オシャレタウンとガード下的昭和が交差するダイナミックな街、有楽町にあって、日本料理店「和の旬 輝咲(きさく)」には落ち着いた時間が流れている。コースからアラカルトまで、産地直送の地魚を刺身や炭火焼きで供し、カジュアルにもリッチにも楽しめる、頼もしい店だ。

今回、店主の伊藤輝彦さんと奥様の久美子さん(お酒担当)のおふたりに託したのは、「クマ“オーガニック”シリーズ」。

「CUMA(クマ)」とは、アルゼンチンの先住民アイマラの言葉で、「クリーンでピュア」を意味する。太陽とアンデス山脈からの清らかな雪解け水に恵まれた、同国の至宝とされる土地「カジャファテ」を代表する造り手、ミッシェル・トリノが手掛けるカジュアルなワインだ。

白ブドウ品種、トロンテスの印象を久美子さんはこう話す。「完熟した果実のインパクトにフレッシュ感。個性があるので、しっかりした香りの食材がベスト。たけのこと合わせると面白いと思います」

そう言って出してくれたのが、「たけのこの木の芽和えと田楽」。ほのかなえぐみに木の芽と味噌の甘味をプラスした一品だ。意外ながら、ワインのボリューミーな果実味と味噌のコク、和の春の香りが心地よく調和する印象的なマリアージュが完成した。

続いて、マルベックには「黒ぼうの柚香焼き」。魚類扱いのエキスパート、輝彦さん曰く「ジューシーな脂に醤油とゆず、みりんやお酒に漬けて焼いた皮目の香ばしさが、甘い果実と引き締まったきめ細かいタンニンに合うと思います」。

日本料理の丁寧な手仕事によって叶う繊細な旬の香りや魚の脂の旨み。クマは、ひとくち含んだ瞬間、味覚にそれらの風味をより鮮やかに刻み込む。




黒ぼうの柚香焼き 1,500円
魚のジューシーな脂にワインのやさしい味わいがマッチし、後口をタンニンが引き締める。










和の旬 輝咲
東京都千代田区有楽町1-2-9有楽町小川ビル6F
tel.03-3707-6555
営業時間 11:30~14:00(13:30L.O.)/17:30~23:00(22:30L.O.)
定休日 日・祝日



フレンチ焼鳥とワイン Shaji × クマ マルベック


ミシェル・トリノ クマ “オーガニック” シリーズ マルベック
●生産国:アルゼンチン ●品種:マルベック100%

フォアグラの肉じゃが 1,800円
甘みと酸味を持つソースに、ワインの軽やかなタンニンと果実味が奥行きをプラス。

WINE-WHAT!?おなじみの「和の旬 輝咲」に続いてペアリングをお願いしたのは、焼鳥にフレンチの手法を盛り込み、ワインとのマッチングを提案する「フレンチ焼鳥とワイン Shaji(シャジ)」。カウンター内に焼き台を設けつつ、ビストロのようなカジュアルな雰囲気を持ち、料理メニューのなかにペアリングするワイン(赤or白)を提示しているから、初心者でも悩むことなく楽しめる。

主役は、ほどよい油分と水分を持ち、焼き上がりがジューシーな総州古白鶏(そうしゅうこはくどり)だ。

マルベックとのペアリングとして提案されたのが、このお店自慢の「フォアグラの肉じゃが」である。油で揚げたじゃがいもに玉ねぎとれんこん、クリーミーなフォアグラをバルサミコと醤油で炊いたリッチな一皿だ。豊かな果実味と程よい軽やかさを持つミイディアムボディのワインといただくと、ソースの甘味やコクと酸味と心地よく寄り添い、ほのかなタンニンと酸が後口に伸び、グラスも料理も止まらなくなる。

おまかせ串焼5本セット 1,600円
トロンテスの華やかな果実香とキレのある酸が、みずみずしい肉質と脂の旨みにマッチ。

トロンテスには、同店の魅力をギュッと凝縮した「おまかせ串焼5本セット」。淡泊なささみからもも、鴨肉のつくね、ぼんじり、赤ワインソースのレバーまで、多彩な個性を、トロンテス品種由来の華やかな香りとすっきりさわやかなアフターがおおらかに受け止める。アクセントの粒マスタードやペッパーなどの風味とも好相性。「おまかせ串焼き5本セット」はその日の最良の素材を供するため、内容に若干変更があるから、毎日注文しても飽きないだろう。

たっぷりとした太陽の恩恵を受け、健全に育ったブドウの生き生きとした味わい。遠い国から届いたワインと日本料理は、「クリーンでピュア」というキーワードによってつながったのである。










フレンチ焼鳥とワイン Shaji
東京都港区麻布十番1-5-11紅梅ハウス1F
tel.03-3402-4802
営業時間 17:30~23:30(22:30L.O.)
定休日 無休



ミッシェル・トリノ クマの【問い合わせ先】 スマイル tel.03-6731-2400 www.smilecorp.co.jp


この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ラグビー日本代表はワンチーム! 

One for all, all for one

WINE-WHAT!?はワインチーム!

Wine for all, all for wine