カリフォルニア州ソノマ郡のワイン生産者団体「ソノマカウンティ・ヴィントナーズ」が東京でスタンプラリーを開催します。お手持ちのインターネット端末でQRコードを読み込めば、参加できてしまうこのイベント。なんと2箇所行けば、霧の産地、ソノマのワインが15人にあたるとのことなので、徐々に暑くなってくるこの時期、さわやかなソノマのワインを飲むのに、ちょうどいい口実としてみてはいかがでしょう?
Sonoma in the city

霧の産地、ソノマ

ソノマのワインに1,000円以上使うのが条件です

カリフォルニア州はサンフランシスコの北、18のアペレーションに495ワイナリーが集い、60種類以上の品種が育てられているソノマカウンティ。多様性こそがソノマのワインの魅力ですが、実はナパ・ヴァレーよりも長いワイン造りの歴史をもっている産地でもあります。現在のソノマのワインの多様性がどこからくるかといえば、海からソノマ全域を覆い、日光を遮ったり、寒暖差を生み出したり、あるいは極度の寒さからブドウを守ったり、晴れることで強い日差しを通す、霧の恩恵による場所場所の気候条件のこまかな違い、断層の影響で複雑に混じり合った土壌、9割以上のワイナリーが実践しているサステイナブルな畑作りが3本柱。ワインはピュアにその産地の個性を表現したものが多く、さわやかな味わいは、これからの季節にうってつけです。

そんなソノマのワインを、5月26日(土)から6月10日(日)まで、東京都内のワインショップで買うか、あるいは飲食店でオーダーすると、電気的なスタンプがもらえる、スタンプラリーが開催されます。条件は都内のスタンプラリー参加店で、1,000円以上をソノマのワインに費やすこと。

そうしたらお店にあるQRコードをインターネット端末(スマホやタブレットなど)で読み込むだけ。1店舗で、スタンプを1つもらえます。注意すべきはおなじお店で期間中に手に入るスタンプは、どれだけソノマのワインを買っても1つだけ、というところ。

スタンプ1つで応募すると、ソノマカウンティのロゴ入りグッズが、スタンプ2つで応募すると、ソノマカウンティのワイン1本があたるかもしれません。

Prize image
prize image wines

写真はイメージですが、ロゴはなかなかのオシャレさです



どのお店でやっているのか、どんなワインが対象なのか、詳細は、イベント公式ページまで!
http://drinksonomawine.com/stamp.html

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ブオンジョルノ! ミ・キアーモWINE-WHAT!?やでなも。

コメスタイ? ベーネベーネ。

アモーレマンジャーレカンターレ、モールト呑んでたもーれ!

サンジョベーゼネッビオーロ、ボーノボーノ。

WINE-WHAT!?買ってくださーれ! グラッツェ。