グランポレールの勝沼と岡山のワイナリーの若手醸造家4人と語らいながら、日本ワイン「グランポレール」を堪能するイベントが銀座コリドー街のグランポレール ワインバー トーキョーで開催されます。題して、「グランポレール プレシャスサロン 七夕2018」。

2018年はグランポレール販売開始15周年

北海道、長野、山梨、岡山の4産地の畑で丁寧に栽培されたブドウを使用し、日本の風土だからこそ生まれる味わいを追求した日本ワイン「グランポレール」。

販売開始から15周年を迎える今年、4産地・12種類のグランポレールワインを醸造家自らが提供する、七夕イベントが開催される。ワインにぴったりの料理は、グランポレール ワインバーのシェフが考案した1日限りの特別メニュー。スタンディング形式で、好きなワインと料理に舌鼓を打ちながら若手醸造家との会話もたっぷり楽しんでもらえるイベントだという。

グランポレール ワインバー トーキョー 銀座コリドー街店の外観。注意→写真は夜ですが、イベントは昼間です。
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座8−2先 山下ビル tel.03-3575-5222

新橋駅銀座口徒歩5分。約30種類の日本ワインをグラスで注文できる。注意→当日は立食です。

醸造家がワインに込める想いや苦労など、ワイン造りの裏話がきっと聞けることでしょう。もし、その若手醸造家がワインの話をまったくしないで場をもたせられたなら、それはそれでしゃべくりの才能もスゴイかも……。

なお、グランポレールのファンクラブ「GRANDE POLAIRE Precious Salon(グランポレール プレシャスサロン)」に6月21日(木)までに会員登録したひとには特別価格で参加できるメールマガジンが送付される。そのメールマガジン記載のURLから申し込むことがマストなのですけれど、読者諸兄がこの事実に気づかれることをお祈りするのみでございます。

追加情報として、「グランポレール」とは、1974年からワイン事業に取り組み始めたサッポロビールが、2003年に立ち上げた、国産ブドウ100%のプレミアム日本ワインであり、本記事は、グランポレール公式Facebookページのほぼコピペです。こちらもぜひチェックしてみてください。



イベント概要

1.名称:グランポレール プレシャスサロン 七夕2018
2.日程:2018年7月7日
3.場所:GRANDE POLAIRE WINE BAR TOKYO(グランポレール ワインバー トーキョー)銀座コリドー街店
4.開始:13:00~終了 15:00  ※開場12:30~
5.定員:60名
6.料金:一般価格 5,000円(税抜) 
プレシャスサロン会員価格 3,000円(税抜)
※プレシャスサロン優待価格にてお申込みいただくには、プレシャスサロン会員向けに発行されるメールマガジンに記載のURLからの申し込みが必要です。
★グランポレール プレシャスサロン会員登録、間に合うといいですねをクリック。

★サッポロビールホームページ
★グランポレールホームページ
★グランポレール ワインバー TOKYO

この記事を書いた人

WINE-WHAT!? 編集部
WINE-WHAT!? 編集部
ブオンジョルノ! ミ・キアーモWINE-WHAT!?やでなも。

コメスタイ? ベーネベーネ。

アモーレマンジャーレカンターレ、モールト呑んでたもーれ!

サンジョベーゼネッビオーロ、ボーノボーノ。

WINE-WHAT!?買ってくださーれ! グラッツェ。